• 2019年 8月 23日

アーセナルがホームで惨敗!モナコの戦術とは CLベスト16 マッチレビュー

(AD)                 

アーセナルがホームで惨敗!モナコの戦術とは CLベスト16 マッチレビュー

昨日に続き、UEFAチャンピオンズリーグのベスト16マッチの1stレグ、2/26に行われた試合のマッチレビューとして、モナコ対アーセナルを取り上げます。

スポンサーリンク

ホームで2得点差。アーセナルの逆転は絶望的か

エミレーツスタジアム(アーセナルホーム)でのアーセナル対モナコの試合は1―3でモナコの勝利に終わりました。アーセナルにとっては惨敗と言える内容です。これによってアーセナルは、2ndレグで3得点以上とっての2点差以上の勝利が必要という、絶望的な状態に追い込まれました。おそらくアーセナルはベスト16で姿を消すことになりそうです。

モナコにとってはアウェイでの3-1は望外の結果と言えるでしょう。0-0ないしは1-1でも十分だったはずです。そもそもモナコはチャンピオンズリーグの予選6試合で4得点と、攻撃力に課題を持つチームです。そのモナコが3点を取れるとは、モナコファンであっても思っていなかったのではないでしょうか。

モナコの戦術のポイントとアーセナルの不調

モナコの勝因はアーセナル対策の守備が非常にうまくいったこと、アーセナルの敗因は選手が軒並み不調であったことです。

モナコはアーセナルのボールをつなぐ意識の高さを、逆に利用していました。ボールを足元で受けようとするチーム全体の意識を利用し、アーセナルの選手がボールを受けられる距離までディフェンスを離して、ボールをトラップしたタイミングでプレッシャーをかけるというやり方を取っていました。これによってアーセナルはディフェンスの逆をついてボールを受ける動きと、プレッシャーをトラップのタイミングでかわすという得意の動きを封じられてしまい、ボールをうまく前に運べなくなってしまいました。結果モナコはアーセナルの攻撃を停滞させ、さらにうまくいったときにはボールを奪い、カウンターでアーセナルのゴールを脅かしていました。

アーセナルがカウンターから失点したことには、それほど多くの驚きはありません。酷い言い方ですが、いつものことです。しかし衝撃的だったのはアーセナルのボールロストが、あまりにも頻繁に起こっていたことです。前述のモナコによる、アーセナル対策がうまくいっていたのは事実ですが、それに加えてアーセナルの選手のトラップミスも非常に多かった印象です。ボールが足についていない印象で、こぼれたボールを奪われて、モナコのカウンターがスタートした機会は、試合全体で10以上あったのではないでしょうか。

もともと、ディフェンスの1対1の能力には不安のあるアーセナルです。ボールロストを減らすことでカウンターを減らすことが基本戦術になっている以上、それだけの回数のボールロストがあれば、惨敗する事も自明です。

何故アーセナルがあれほど不調だったのかは分かりませんが、モナコの良さとアーセナルの悪さがかみ合った結果、驚くべきスコアが生み出されたと言えそうです。

関連記事

画像版権:  123RF 写真素材</a>

スポンサーリンク





One Comment

  1. レバークーゼン対アトレティコ戦でもアップセット!CLベスト16 マッチレビュー | FCクロコダイル
    2015年3月1日 at 7:34 PM 返信

    […] アーセナルがホームで惨敗!モナコの戦術とは CLベスト16 マッチレビュー […]