• 2017年 9月 26日

AC、AS、PSV、ボルシア・・・欧州のクラブ名の意味と雑学

(AD)                 

AC、AS、PSV、ボルシア・・・欧州のクラブ名の意味と雑学

ACミランやASローマ、PSVといったクラブのAC、AS、PSVって何の略なのかご存知ですか?先日は略称の解釈でもめている、ドイツ2部リーグのRBライプツィヒなども取り上げました。

他にも、都市名でない単語や数字がクラブ名に入っているけど何のことなのかよく分からない、なんてこともあると思います。そこで今回は、普段何気なく目にしている世界のクラブ名について、有名なところをピックアップしてご紹介していくことにします。

スポンサーリンク

パターン1. 数字

クラブ名に数字が入っているケースをよく見かけることがあると思います。例えば、シャルケ04や1860ミュンヘンなど。これは、クラブの創設年を表していることが殆どです。

シャルケであれば1904年、マインツ05は翌年の1905年、ハノーファー96は1896年の創設ということになります。ただし、1860ミュンヘンについては、もともとミュンヘン体操クラブが前身の組織であり、一時期の活動禁止を経て1860年に活動を再開したという経緯があり、その年をクラブ名として冠しています。

パターン2.アルファベット

ACミランのACとは

皆さんのよく知るACミランのACってどんな意味なのでしょうか?答えはAssociazione Calcio の頭文字です。Associazioneはイタリア語で「協会、法人、団体」、Calcioは「サッカー」という意味です。

ASローマのASとは

では、同じセリエAのASローマはと言うと、Aは上記同様Associazione、Sはイタリア語で「スポーツの」という形容詞であるSportivaの頭文字になります。

PSVって何の略?

オランダの強豪クラブPSVアイントホーフェンのPSVとは一体何なのでしょう?それはPhilips Sport Vereniging の頭文字です。Philipsは世界的な家電・電機メーカーであるフィリップス社のことであり、このことはPSVがフィリップス社のサッカークラブを起源に持つ証左であります。そして、Sportは「スポーツ」、Verenigingはオランダ語で「協会、法人、連合」を意味します。

VVVフェンローのVVVとは

本田圭佑が初めて海外移籍したチームであり、これまでに多くの日本人選手が在籍しているオランダのVVVフェンロー。このVVVは一体何の頭文字なのでしょうか?その答えは、Venlose Voetbal Vereniging 。Venlose は「フェンローの」、Voetbalはオランダ語で「サッカー、フットボール」を意味します。

ハンブルガ―SVのSVとは

かつて高原直泰が所属していたハンブルガーSV。そのSVはSport Vereinの略であり、合わせて「スポーツクラブ」というドイツ語の略になります。学問上ドイツ語の一方言がオランダ語である通り、オランダのクラブと似た単語を使っているのが印象的です。

パターン3.地名ではない単語

レアルとは

レアル・マドリーやレアル・ソシエダのレアルって何の意味かご存知ですか?これはスペイン語で「王室の」という意味の単語で、スペイン国王から称号を与えられクラブ名に“レアル”を冠するようになったといういきさつに因ります。なお、余談になりますが、レアル・マドリーのホームスタジアム名、サンティアゴ・ベルナベウはクラブの黄金期を築きあげた当時の会長サンティアゴ・ベルナベウ氏に由来しています。

アトレティコとは

スペインのアトレティコ・マドリー、アトレティコ・ビルバオや元C大阪監督のレヴィー・クルピ氏が指揮を執るブラジルのアトレティコ・ミネイロなどアトレティコという単語を冠するクラブが各国にあります。これは、スペイン語並びにポルトガル語で「競技、スポーツ」という意味になります。

ボルシアとは

ブンデスリーガでよく見るのがボルシアという単語です。ボルシア・メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)やボルシア・ドルトムントいった具合です。このボルシアというのは都市名ではなく、ラテン語でプロイセンを意味します。かつてのプロイセン王国の領域であった土地を本拠地としていることを表しています。

バイヤー・レヴァークーゼンのバイヤーとは

レヴァークーゼンというのが都市名であるため、バイヤー(又はバイエル)というのが何を表しているのか気になっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?このバイヤー(Bayer)というのは世界的製薬会社バイエル社のことです。このクラブがバイエル社の従業員によって創立されたという経緯を物語っています。企業名はダメだったんじゃなかったんですかね・・・。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?クラブ名を知ることでその歴史や外国語の勉強にもなります。クラブや外国の歴史を知った上で現在のチームを見ると言うのも感慨深いものがありますし、温故知新という言葉があるように過去について知ることでサッカーの新たな視点・楽しみ方ができるのではないでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク





3 Comments

  1. ビッグクラブの存在価値と条件 | FCクロコダイル
    2015年3月16日 at 8:58 AM 返信

    […] 関連記事:世界のダービーマッチ AC、AS、PSV、ボルシア・・・欧州のクラブ名の意味と雑学 […]

  2. 快進撃を続けるPSVアイントホーフェンを待ち受ける課題 | FCクロコダイル
    2015年3月25日 at 8:32 AM 返信

    […] 関連記事:AC、AS、PSV、ボルシア・・・欧州のクラブ名の意味と雑学 2014-2015年のJリーグで活躍する外国人選手比率 […]

  3. 欧州サッカーのユニフォームスポンサーと日本企業 | FCクロコダイル
    2015年3月26日 at 8:31 AM 返信

    […] 関連記事:AC、AS、PSV、ボルシア・・・欧州のクラブ名の意味と雑学 韓国のサポーター事情 版権: / 123RF 写真素材 […]