• 2019年 10月 15日

ドイツ2部リーグのRBライプツィヒと反レッドブル運動とは

(AD)                 

ドイツ2部リーグのRBライプツィヒと反レッドブル運動とは

NEIN ZU RB(レッドブルにノーを)と呼ばれる運動がドイツ全土のウルトラス(熱狂的なサポーターグループ)の間でトレンドとなっています。

今季よりツヴァイテリーガ(2部)に昇格した、飲料メーカーのレッドブルがスポンサーを務めるRBライプツィヒに対する排斥運動です。今季の開幕戦より、同じツヴァイテリーガのクラブを中心に、対戦時や、時には対戦しない時でも「NEIN ZU RB(レッドブルにノーを)」といった内容のバナーが掲出されています。今回は日本ではなかなか注目されないドイツ2部リーグのファンシーンで、なぜそのような活動が起こっているのかに迫ってみます。 

スポンサーリンク

そもそもRBとは何か?

RBとは飲料メーカーのレッドブルを指します。RBライプツィヒはNYレッドブルズやレッドブル・ザルツブルグなどと同じように、レッドブルがスポンサードするフットボールクラブのひとつであり、2009年に発足しました。歴史は浅いながらも検討し、RBライプツィヒは毎年のように昇格、ついにはツヴァイテリーガまでたどり着きました。

ドイツのクラブは原則として親会社の名前をクラブ名に入れる事ができないという事情がありますが、そこは天下のレッドブル。クラブ名を「RBライプツィヒ」としてしまいました。

レッドブル社の主張としては「RBとはレッドブルの意味合いもあるが、RasenBallsportの正式には略称で、RasenBallは【芝生でプレイする球技】という意味だ」とういうもので、表向きはレッドブルでも、グレーゾーンを突いているため、規則には抵触しないというスタンスを取っています。

上記のチーム名にだけではなく、潤沢な資金力を活かして強力な選手の獲得していくなど、いわゆる金満チームを地で行くスタンスに、サッカーというスポーツ文化に商業主義を持ち込みすぎだということで、各クラブのウルトラスから抗議の声が上がっていました。ツヴァイテリーガに昇格した今季からは、各クラブのウルトラスがその抗議の声を集約した活動が起きているというわけです。

四面楚歌状態のRBライプツィヒはサポーターも大変?

他のチームのウルトラスから突き上げを受けているRBライプツィヒですが、ライプツィヒにもいくつかのウルトラスグループがあります。その中で中心的な活動を行っているのがRED ACESと呼ばれるグループです。クラブが昇格を繰り返すにつれて、メンバーやサポートに厚みを増していきました。

サポーターの集団もチーム同様苦しい立場に追い込まれており、通常はドイツに限らず、ヨーロッパのウルトラスは国内外を問わずフレンドシップ(友好関係)を持っているグループが多いのですが、RED ACESは現在ドイツ国内では一切フレンドシップを結ぶことができずに孤立しており、フレンドシップを結んでいるのはかつて元日本代表の宮本恒靖選手や三都主アレサンドロ選手が所属したオーストリアのレッドブル・ザルツブルグなど、親会社がレッドブルのチームが中心という状況です。

成績は好調、ブンデスリーガに参戦も狙う

2015年2月5日時点でのRBライプツィヒの順位は7位で、初昇格でこの順位は悪くないペースです。首位のインゴルシュタットとは勝ち点の差が11点ついていますが、それ以降は団子状態で、2位のカールスルーエとは勝ち点差4点と肉薄しているといえます。ブンデスリーガ昇格条件である上位2チームも十分狙える範囲といえます、

「金の力で強いチーム」はどこの国でもアンチが多いもので、どこまでが許される範囲なのかは議論を呼ぶところですが、資金力に優れたクラブがスター選手の市場価値を高め、競技全体の注目度を高める面を持つのも事実です。

日本ではなかなかなじみがないドイツ「2部リーグ」のファンシーンですが、5年で3度の昇格を果たしたRBライプツィヒに今後どのような未来が待ち受けているのか、注目していきたいところです。

関連記事

参考記事URL

版権: / 123RF 写真素材

スポンサーリンク





2 Comments

  1. AC、AS、PSV、ボルシア・・・欧州のクラブ名の意味と雑学 | FCクロコダイル
    2015年2月19日 at 8:34 AM 返信

    […] ドイツ2部リーグのRBライプツィヒと反レッドブル運動とは […]

  2. ドイツ2部リーグのRBライプツィヒと反レッドブル運動とは | FCクロコダイル | 最新ニュース
    2015年6月14日 at 9:39 AM 返信

    […] 対戦しない時でも「NEIN ZU RB(レッドブルにノーを)」といった内容のバナーが掲出されています。 [紹介元] ドイツ2部リーグのRBライプツィヒと反レッドブル運動とは | FCクロコダイル […]