• 2017年 6月 24日

冬の移籍市場の現状と噂

(AD)                 

35831765_l

冬の移籍市場がオープンして、例年通り活発な動きが始まっています。早速いくつかのチームはキーとなるプレイヤーを手に入れたり、あるいは手放したりしています。例年に比べるとビッグクラブには動きが少なく、中堅クラブが動いている印象です。特にイタリアの中位のクラブはインテルとミランを中心に色々な動きがみられます。この時期になると決まって突拍子もない噂が出回りますが、今年は何とメッシにも移籍の噂が浮上しています。そんな虚実入り乱れる冬の移籍市場をレポートします。

スポンサーリンク

 注目の移籍

移籍市場で大きな動きを見せたのが、マンチーニ新監督を招聘したインテルです。バイエルンからシェルダン=シャキリ、アーセナルからルーカス=ポドルスキと好選手を2名獲得しています。ミランは放出も獲得も派手で、夏の移籍市場の目玉だったフェルナンド=トーレスを放出し、トレードでアレッシオ=チェルチを獲得しました。イタリアでは他にもアレッサンドロ=ディアマンティがフィオレンティーナに加入しています。

イングランドでは、前々から噂になっていましたが、マンチェスターユナイテッドにビクトール=バルテスが加盟しました。これによってイングランドの第2GKにはバルテスとツェフという世界的名手が二人もいることになります。また、ウェストハムのマウロ=サラテがQPRに移籍。出場機会の増加が期待されます。スゥオンジーのボニーはチャンピオンズリーグの出場を目指して、マンチェスターシティに移籍。激しいポジション争いの中で出場時間を得られるのかどうか、注目です。放出では、チェルシーのマルコ=マリンがフィオレンティーナへのレンタルから、アンデルヒドへのレンタルに切り替わりました。移籍当時は非常に騒がれた選手ですので、再起に期待したいところです。

他に気になる移籍としてはザルツブルグのケビン=カンプルがドルトムントに移籍になりました。カンプルがカンフル剤になるというダジャレが今後どれだけ使われるのかも、選手の活躍と共に注目です。

今後の移籍市場の予想

現在確定していないですが、移籍がありそうな有名選手をいくつか挙げてみたいと思います。

ユベントスのジョヴィンコは出場機会にも恵まれておらず、移籍をする可能性があります。パルマで実績を残している選手だけに、ジョヴィンコを欲しがるプロビンチャ(小規模クラブ)は多いでしょう。他にはフィオレンティーナのクアドラードが噂に上がっています。こちらはビッグクラブへのステップアップが予想されています。ここ2年程ずっと噂がありますので、この冬に実現しなくても夏には移籍となりまそうです。他にもアズーリ(イタリア代表)デビューも果たしたサンプドリアのオカカにも移籍の噂があります。とはいえ、チーム幹部との不仲の噂から出ている話のなので、おそらく移籍はないでしょう。夏にビッグクラブが食指を伸ばしてきた場合には、移籍となるかもしれません。

スペインでは、メッシに移籍の噂がでましたが、間違いなくデマでしょう。他にイジャラメンディにも移籍のうわさが出ています。アンチェロッティは残留と語っているとの報道もありますが、これは意外と可能性がありそうです。常に選手を入れ替えるレアルマドリードにおいて、シャビの後継者の地位を完全にクロースに奪われていることを考えると移籍の可能性は低くありません。ケディラも移籍の可能性はありますが、こちらは夏までアンチェロッティが出したがらないのではないでしょうか。守備的な選手が不足しているからです。アトレティコではクリスティアン=ロドリゲスに移籍の噂があります。

イングランドではチェフの噂がありましたが、第3GKが移籍したため噂は沈静化しています。他にはエヴァートンのミララス、レスターのヴァーディ等、中堅クラブで活躍している選手に噂が絶えないようです。

冬の移籍の正否

冬の移籍が面白いのは、獲得したチームより放出したチームに大きな影響が出るケースがある事です。強豪チームの主力が移籍することはほとんどありませが、中位に低迷する名門が放出や獲得をした結果、どうにもならなくなるケースも多くあります。

そういったチームに大きな変革を生みだした選手といえば、代表格はフェルナンド=トーレスでしょう。今シーズンはアトレティコに移籍後活躍していますが、リバプールからチェルシーへの移籍は、誰も得しないという恐ろしい移籍でした。

冬の移籍でチーム成績をアップすることは非常に難しく、冬の移籍で大きな移動が無いのはそれが原因です。記憶に新しいところでは、昨シーズンのマタのマンチェスターユナイテッドへの加入も、加入したものの結果が出ない移籍でした。

成功例は数少ないですが、2012-13シーズンのバロテッリのミランへの加入は成功例と言えるでしょう。結果としては3位に食い込む健闘を見せました。

面白いのは移籍選手の活躍で優勝したチームはほとんどないことです。それほどに冬の移籍は難しいのですが、それでもトライせざるを得ないチーム事情もあるのです。

今シーズンの冬の移籍も、結果に注目しましょう。

トップ画像:移籍の噂のあるレアル・マドリード、アシエル・イジャラメンディ(版権: / 123RF 写真素材

関連記事

スポンサーリンク





2 Comments

  1. ミラノの2チームはどうなる?2015年冬の移籍市場振り返り | FCクロコダイル
    2015年2月27日 at 9:02 AM 返信

    […] 冬の移籍市場の現状と噂 […]

  2. アジアのフットボールリーグに参戦するビッグプレーヤー達 | FCクロコダイル
    2015年3月7日 at 10:30 PM 返信

    […] 冬の移籍市場の現状と噂 […]