• 2017年 7月 21日

何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか

(AD)                 

何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか

今シーズンの冬の移籍市場で最初の最も大きなインパクトは、フェルナンド=トーレス(以下トーレス)のアトレティコへの復帰でしょう。トーレスは01年から07年までアトレティコに在籍して、82ゴールをあげています。アトレティコのサポーターであり、下部組織からの生え抜きであるトーレスはアトレティコでは絶対的な人気を誇っています。

しかし、11年のチェルシー移籍から不調が続き、ピークを過ぎたとも言われるトーレスを、リーガのトップクラスのチームであるアトレティコが、何故獲得したのでしょうか。アトレティコの戦術の変化と、トーレスのプレイの特徴から、その理由を解き明かします。

スポンサーリンク

アトレティコの戦術の変化

アトレティコは今シーズン、大きな戦術の変化を余儀なくされました。カウンターサッカーからポゼッションサッカーへの変更です。これはアトレティコが強豪チームになったため、避けられない変化でした。強豪チームに対するその他のチームの戦術は、どうしても守備的になります。そのため、アトレティコがカウンターを主体に闘おうとしても、相手がより守備的であった場合は成立しないためです。

シーズン序盤はこの以降に苦戦しましたが、新戦力のマンジュキッチとグリーズマンがチームにフィットし、アルダやコケの既存戦力がより攻撃的に振る舞うことで、チームの変革は無事進んだかに見えます。 しかし実際には、現在のアトレティコは大きな課題を抱えています。それは昨シーズンまでの武器であったカウンターが、うまく機能していないという点です。特に強豪チームとの戦いで、アトレティコが押し込まれる展開になると顕著になります。

昨シーズンまでのアトレティコは10人で守備をしたとしても、ジエゴ=コスタが素早く前線に上がることで、カウンターの鋭さを維持していました。しかし今シーズンのセンターフォワードであるマンジュキッチは、スピードに特徴がある選手ではありませんし、一人で仕事を出来るタイプでもありません。結果として、昨シーズンのように守備的に振る舞った際に、攻撃に移るスピードが遅くなってしまっているのです。

セットプレーの得点で何とか結果を伴わせていますが、昨シーズンまでのように相手に攻め込ませて戦うという戦略をとるのは難しくなりました。

 ジエゴ=コスタの代役

そう考えると、トーレスはジエゴ=コスタの代役として獲得されたと考えるべきでしょう。トーレスのプレイスタイルは、スペースへの走り込みと、フィニッシュワークが特徴です。そういう意味では、ゴール前までディフェンダーが下がり10人で強固なブロックを作ったとしても、逆に前線にスペースが出来ることでトーレスの特徴が生きてきます。

ジエゴ=コスタに比べれば、パワーやフィニッシュの精度に難はありますが、前線にできたスペースを活かすという意味では、十分以上の効果が期待できます。マンジュキッチやグリーズマンがコンビネーションを必要とするのに対して、トーレスは一人でゴール前まで持ち込むことができます。チェルシー時代に調子を崩してから、最後のシュートが入らない選手になってしまいましたが、シュートに持ち込むまでの動きは現在でもワールドクラスです。

強豪以外のチームと戦う時は、アトレティコはポゼッションスタイルですので、トーレスはそれほど活躍が出来ないかもしれません。しかし、強豪との戦いとなった時には、持前のスピードで相手に脅威を与え続けるはずです。今シーズンのトーレスはヨーロッパカップにも出場していませんので、強豪との対戦が予想されるチャンピオンズリーグでも出場が可能です。その点がトーレス獲得の決め手になったのではないでしょうか。

トーレスは自分に合ったチームで、ついに輝きを取り戻すかもしれません。

 トーレスの効果

短絡的にトーレスの効果ということはできないと思いますが、トーレスが出場したコパデルレイのレアルマドリードとの試合にアトレティコは2-0で勝利しています。トーレスがゴールを決めたわけではありませんが、守備でも攻撃でも合流したばかりとは思えない動きでした。

逆に、トーレスが欠場したリーガでのバルセロナとの試合では3-1で敗北しています。この試合で特に顕著だったのが、アトレティコが守備で守り切った後も、なかなか攻撃につなげられなかったという点です。バルセロナのハイプレスに捕まってしまい、マンジュキッチやグリーズマンがボールを受ける位置も低くなっているため、ほとんどハーフウェーラインを超えることができない状態でした。

もしトーレスが出ていれば、バルセロナのディフェンスラインの背後にあった広大なスペースを狙う事が出来たかもしれません。

復帰したトーレスが、故郷であるアトレティコで今後どのように活躍していくのか、目が離せません。

関連記事

トップ画像:Fernando Torres vs Real Madrid Away HD 1080i (15/01/2015) by MNcompsより

スポンサーリンク





5 Comments

  1. ミラノの2チームはどうなる?2015年冬の移籍市場振り返り | FCクロコダイル
    2015年2月27日 at 9:01 AM 返信

    […] 何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか […]

  2. まさかのEURO予選敗退!オランダ代表の栄光はどこへ?? | FCクロコダイル
    2015年12月15日 at 10:36 AM 返信

    […] ・何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか […]

  3. 日本代表メンバーの「契約メーカー」はどこが多い? | FCクロコダイル
    2015年12月16日 at 9:56 AM 返信

    […] ・何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか […]

  4. ペドロ・ペレイラ、ドンナルンマ!2015-2016デビューを果たした若手選手(セリエA編) | FCクロコダイル
    2016年1月21日 at 10:17 AM 返信

    […] ・何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか […]

  5. 本田圭佑やバーディーは!?冬の移籍、補強のプロが相性診断・・・フットボリスタ2016年2月号レビュー | FCクロコダイル
    2016年2月5日 at 9:07 AM 返信

    […] ・何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか […]