• 2017年 9月 26日

予算はバルサの150分の1!SDエイバルがリーガで好成績の理由

(AD)                 

34654905_ml

リーガ・エスニョーラと言えば、レアル・マドリードにバルセロナ、そして最近好調のアトレティコ・マドリードに注目しがちですが、現在とんでもない”奇跡を起こし続けている”クラブ、SDエイバルを皆さんは御存知でしょうか?

スポンサーリンク

今季より1部昇格の新鋭、SDエイバル

エイバルはここ2年で急激に力をつけ2年連続の昇格、2部では優勝も達成し、リーガのプリメーラ・ディビシオン(1部)には今シーズンが初参戦のクラブです。リーガにとっても新規参入60番目のメモリアルなクラブになります。2年前は3部のアマチュアリーグにいたわけですから知らない方も多いと思います。

初昇格ながら開幕戦でレアル・ソシエダを破って初勝利をあげると、エスパニョールやセルタに勝利するなど、ここまで7勝6敗5分けの8位!立派な成績です。堅守をベースとしながらも積極的にしかけ、これまでの勝利試合は全て前半に先制点を挙げています。格上相手でもひるまずに戦っていく姿は見ていて非常にアツいと評判で、絶対的なストライカーはいないものの、4点以上決めている選手が3人、11人が得点を記録するなどでバランスもいいです。

そんなエイバルですが特筆すべきはそのクラブ規模にあります。1940年に創立され、シウダー・アルメラ(鉄砲工の都市)と呼ばれ、人口は27,000人の小さな工業都市エイバルをホームとしています。そして本拠地のエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアにはなんと5,250人しか収容できません。この規模はJリーグだとJ3に相当します。つまりこのクラブはリーガの、いやヨーロッパのトップカテゴリーでもぶっちぎりに小さなフットボールクラブなのです。

クラブの規模はJ3並、予算だけではないことを見せつける

スタジアムの大きさは観客動員数、クラブの収入に大きな影響を与えます。小さなスタジアムのエイバルにはとにかくお金がありません。予算で比較するとバルセロナのなんと150分の1程度。エイバルの次の規模のクラブのラージョ・バジェカーノでさえ、スタジアムの収容人数は14,708人でエイバルの約3倍はあります。2部にいた時でさえその規模はダントツで最下位でした。現代フットボールの世界において、資金力=チーム力、ですからこの差は絶望的なハンデといえます。毎試合”ビッグクラブ”との対戦をしているわけです。しかし、エイバルはこのハンデを常にアイデアで乗り切っています。

例えば1部に昇格するにあたっての最低資本金が足り無いときには、クラブOBのシャビ・アロンソなどが寄付や融資を呼びかけてなんとか集めました。今季の補強もレンタルやローンで対応し、1ユーロも使っていません。極めつけは昨年の2部優勝時、パレードのバスは手配ができずにトラックの荷台、お祝いの青とえんじの紙吹雪はバルセロナから格安で購入し使用しました。バルセロナは優勝できなかったので使わないし、エイバルはバルセロナと同じチームカラーだから、というなんともミラクルな解決方法でした。

躍進のもう1つの理由は、このチームの監督、ガイスカ・ガリターノにあります。選手としても活躍しており、現役時代からチームメイトからの信頼が厚い好選手でした。エイバルの躍進は彼が監督に就任した直後から始まっており、様々なバックグラウンドを持つ選手を瞬く間にまとめあげ、現在の個に頼らない全員で勝つスタイルを確立しました。その能力は今やアトレティコのシメオネに並び称されているほど。ライン際でチームを鼓舞する姿もシメオネに通じるものがあります。

このまま後半戦もエイバルの躍進は続くでしょうか。給料の遅配もなく、借金もない、とにかく様々な驚きを提供してくれるこのチームは昨今のフットボール世界の中で1つの奇跡とも言えます。 ぜひ今後も注目していきたいと思います。

関連記事

画像および動画:Youtube/Resumen de Rayo Vallecano (2-3) SD Eibar – HD(La Liga)

 

スポンサーリンク





One Comment

  1. ローマを越えてCL出場圏内へ。ラツィオ好調の理由とは | FCクロコダイル
    2015年4月19日 at 8:47 AM 返信

    […] 予算はバルサの150分の1!SDエイバルがリーガで好成績の理由 […]