• 2019年 10月 19日

クリスチアーノ=ロナウド絶好調の理由と3つの変化

(AD)                 

クリスチアーノ=ロナウド絶好調の理由と3つの変化

一昨日より『ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか』、『ベンゼマという新しいスタイル』と連続でお送りしてきたレアル・マドリード(以下レアル)のBBCライン特集の最終日はクリスティアーノ=ロナウド(以下ロナウド)について取り上げます。

今季のロナウドは、その得点能力にこれまで以上に磨きがかかり、リーグ戦では1試合2得点に迫るペースで得点を重ねています。もともと絶対的ともいえる得点能力を持った選手でしたが、今シーズンは昨シーズンまでのロナウドと比べても、別次元と言えるような働きをしています。ロナウドに起こった環境の変化と、ロナウド自身のプレイの変化を見ることで、今シーズンのロナウドの好調の秘密を探ります。

スポンサーリンク

ポジションの変化

ロナウドに起きた大きな変化の一つがポジションの変化です。従来のロナウドは左に大きく開いた位置でボールを受けるケースが殆どでしたが、今シーズンはペナルティーエリア近辺、ないしはペナルティーエリア内でボールを受ける機会が増えています。ある意味では純粋なフォワードに近い役割を果たすようになったと言えます。

昨シーズンから4-4-2の2トップに入るなどポジションの変化は始まっていましたが、今シーズン後述するようにチームの戦略が変化していく中で、より明確にポジションの変化が発生しています。

これによってよりゴールに近い位置から攻撃をスタートすることで、必然的にシュートに至る可能性が高くなりました。シュート力には定評のあるロナウドですので、結果として得点を量産する事に繋がっています。

チーム戦術の変化

最も大きな変化はチーム戦術の変化と言えるでしょう。前述のポジションの変化もそれによって引き起こされています。今シーズンのレアルはチーム戦術を、ポゼッション型に変化させました。これによってボールを保持する時間が増えたことと、プレイエリアが全体的に高くなるという変化が生まれました。

昨年までのレアルの攻撃は縦に早く、ボールを保持してからシュートに至るまでの時間は非常に短く、それを繰り返すことで複数のチャンスを作るというやり方でした。

今シーズンのレアルはボールを長い時間保持して、相手のディフェンスにギャップが生まれたところにボールとプレイヤーが入り込み得点するというチームに変わりました。これは新戦力のハメス=ロドリゲスやクロース、フィットし始めたイスコがフリーランやドリブルよりも、パス交換の中で持ち味を発揮するタイプのプレイヤーであるためです。

昨シーズンまでのロナウドはチームの中で、相手のディフェンダーを崩す役割とシュートをする役割を同時に担っていました。しかし今はチーム戦術の中で崩すタイプの他のプレイヤーが機能しています。ロナウド自身が崩しの役割を放棄したわけではありませんが、おのずとシュートの役割が割合として増えてきていると言えます。

ロナウド自身の変化

動画:クリスティアーノ・ロナウドのプレー集 2014 – 2015(JapanFantasyFootball/Youtube)

今シーズンのレアルは一度保持したボールをシュートに結び付けるまでに、複数のプレイヤーが複数回数ボールに触るケースが増えています。これによってロナウドが一度ボールを放したとしても、再びロナウドにボールが戻ってくるようになりました。驚きだったのはこの環境の変化にロナウドが完璧に対応している事です。

ロナウドは今まで本格的なポゼッションタイプのチームでのプレイ経験がありません。マンチェスターユナイテッドでも、モウリーニョ体制のレアルでもロナウドは攻撃のスイッチを入れる役割とフィニッシュの両方を行ってきました。ボールを保持して仕掛けるというプロセスが減ることで、リズムを崩す選手も多くいます。スアレスやカバーニがチーム戦術の中でかつてほどの輝きを放てなくなっているケースや、ビジョンコやジラルディーノのようにボールを他の選手とシェアすることで調子を落としてしまう場合もよく見られます。

しかしロナウドはポゼッションサッカーに完璧に対応し、自身のフィニッシュに関わる能力を最大限に発揮しています。球離れもよくなり、昨年まで以上に相手にとって危険なプレイヤーになったとすらいえます。

すでに世界一と言われるだけの能力を持っていたロナウドが、環境の変化にも対応する力を見せたという事に対しては、感嘆という言葉しか出てきません。ポゼッションに対応できることを証明したことで、ますます世界一という評判を確かなものにしたと言えるのではないでしょうか。

画像版権: / 123RF 写真素材

スポンサーリンク





One Comment

  1. クリスチアーノ=ロナウド絶好調の理由と3つの変化 | FCクロコダイル | 今速☆ニュース!
    2015年8月17日 at 7:56 PM 返信

    […] のロナウドと比べても、別次元と言えるような働きをしています。 現在JavaScriptが無効になっています。 [引用元] クリスチアーノ=ロナウド絶好調の理由と3つの変化 | FCクロコダイル […]