• 2017年 6月 24日

ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか

(AD)                 

ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか

現在の世界No1選手は誰なのかと聞けば、ほとんどの人の回答が2人に集中するのではないでしょうか。一人はレアルマドリードのクリスチアーノ=ロナウド、もうひとりはバルセロナのメッシです。では次世代の世界No1は誰かと言われると意見が分かれるところです。しかしその中で頭一つ抜けているのではないかと思われるのが、ロナウドのチームメイトであるガレス=ベイルとメッシのチームメイトのネイマールです。今回は、ロナウドの影に隠れていますが、世界No1を目指すにふさわしいガレス=ベイルの、すばらしい能力について検証します。

スポンサーリンク

フィジカルとテクニック

ベイルの最大の特徴は、間違いなくそのフィジカルでしょう。特にスプリント力については、世界でも有数の能力を持っています。ひとたび加速すれば、ほとんどの選手は追いつくことが出来ません。また、その瞬発力を秘めた足から放たれるシュートも、すさまじい威力です。さらに186cm、81kgと体格的にも優れており、競り合いやヘディングでも存在感を発揮できます。身体的な能力を生かしたプレイという意味では、チームメイトであるクリスチアーノロナウドと似ています。

ベイルを非凡な選手にしているのは、そのフィジカル能力に加えてテクニックを持ち合わせている点です。特に左足のキックは、精度・威力ともに十分で、アウトサイドでも正確にボールをコントロールできます。その左足の威力が高いために霞んでいますが、実は右足でも正確にボールをコントロールする技術もあります。レアルマドリードでは右サイドでプレイする事が多いため、右足のクロスを入れることも多いのですが、逆足である右でも質の高いボールを入れてきます。ドリブル、パスといった基本的なスキルも十分以上に備えており、すでに世界最高レベルの選手と言えます。

環境と経験

ベイルが同世代のワールドクラスの選手に比べて飛躍が期待される大きな理由が、その環境と経験です。特に二つの大きな要因があります。一つは、なんといってもレアルマドリードという環境の中で、コンスタントに出場機会を得られているという事です。レアルは世界的な強豪ですので、味方には素晴らしい選手が揃っています。ロナウドを筆頭に、ベンゼマ、ハメス=ロドリゲス、イスコ、モドリッチ、ペペ、セルヒオラモス、クロースと枚挙にいとまがありません。さらにレアルは常にチャンピオンズリーグにも出場していますし、対戦相手もレアルを倒すために全力で向かってきます。素晴らしいチームメイトと刺激的な対戦チームに恵まれているベイルは、サッカー選手として成長するためにベストな環境にいると言えます。

もう一つはベイルがベストポジションでプレイしていないという点です。ベイルのベストポジションは左ウィングかトップ下といわれています。しかし現在のベイルは右ウィングとしての起用が主になっています。不慣れな環境の中でベイルは右足のボールコントロールや、カットインしての左足のシュート、右サイドからペナルティエリアへのフリーランなど、どんどんとプレイの幅を広げています。

もしレアルという環境にいなければ、チームのエースとしての仕事に終始することになり、それ以上の進化は望めなかったかもしれません。ベイルは現在前線のあらゆるポジションでワールドクラスの輝きを放てる選手へと進化している途中です。

課題

ベイルの課題と言えば、守備とパス回しへの参加という意見が一般的だと思います。しかし、この2つに関してはそもそも課題というべきなのかどうか、疑問もあります。

守備をしないということでは、ロナウドやメッシも同様です。世界最高の選手になるために必須の条件とは言えないでしょう。パス回しについても同様です。すでにロングパスやクロスの精度は非常に高いレベルで備えています。スルーパスなどがレパートリーに加われば、それは素晴らしいことですが、現状でも十分なレベルになっていると言えるでしょう。

ではベイルの課題はというと、それは得点力ということになります。リーガで15点、プレミアで21点をシーズンで上げた選手ですのですでに十分だという意見もあると思います。しかし、ベイルの能力を考えるとこれでも十分ではないと言えるのです。ベイルのゴールの多くは、ボールサイドの逆からペナルティエリアに切り込んできて合わせるプレイと、ミドルレンジからのシュートです。ペナルティエリアでのゴールに関しては、スペースをついた動きが多く、密集地帯でのゴールがあまり多くありません。ベイル程の能力があれば、ボールを持ったままペナルティエリアに侵入するプレイからゴールを決めることを期待したいところです。

レアルマドリードという環境でその得点力に磨きをかけ、綺羅星のように輝くスター軍団のエースとして活躍するベイルの姿を思い浮かべるのは、決して荒唐無稽な想像ではないでしょう。2年後か、3年後かは分かりませんが、チームメイトのロナウドから世界最高選手の称号を受け継いでプレイするその姿を、期待ぜずにはいれられないほどのポテンシャルを、ガレス=ベイルは秘めています。

明日はBBCライン分析第2弾、『ベンゼマという新しいスタイル』を更新します!

 

関連記事

動画:ガレス・ベイル スーパープレイ 2014/2015(manekineko2014)

画像版権: / 123RF 写真素材

スポンサーリンク





6 Comments

  1. レアルマドリードの若き天才イスコ | FCクロコダイル
    2015年3月30日 at 8:57 AM 返信

    […] ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか […]

  2. ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか | FCクロコダイル | 最新ニュース
    2015年5月7日 at 10:40 PM 返信

    […] を非凡な選手にしているのは、そのフィジカル能力に加えてテクニックを持ち合わせている点です。 [紹介元] ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか | FCクロコダイル […]

  3. ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか | FCクロコダイル | 今速☆ニュース!
    2015年5月31日 at 12:58 AM 返信

    […] ート、右サイドからペナルティエリアへのフリーランなど、どんどんとプレイの幅を広げています。 [引用元] ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか | FCクロコダイル […]

  4. 結局、どの監督にも評価される長友佑都(インテル)の今後は? | FCクロコダイル
    2015年12月31日 at 11:15 AM 返信

    […] ・ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか […]

  5. 武藤嘉紀を応援しにドイツへ行こう!マインツでの観戦方法は? | FCクロコダイル
    2016年1月5日 at 8:30 AM 返信

    […] ・ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか […]

  6. EURO2016グループ分け決定!「死」のグループはどこだ? | FCクロコダイル
    2016年1月27日 at 9:39 AM 返信

    […] ・ガレス・ベイルはロナウドから最強の座を受け継ぐのか […]