• 2017年 3月 27日

ユベントス激震!コンテ退任の影響とこれから

(AD)                 

ユベントスの監督アントニオ・コンテが2014年7月15日に辞任しました。コンテはカルチョポリ(審判の指名を含めた八百長騒ぎ)から低迷していたユベントスを立て直した、立役者ともいえる監督です。11-12シーズンから3シーズン連続でスクテッドを獲得(優勝)した監督が、突然辞任したという事は異常事態と言えるでしょう。

いったいユベントスとコンテの間に何が起こったのか、これからのユベントスは、コンテはどうなるのか。今年のセリエAはいろいろな意味でユベントスに注目です。

コンテは辞任の理由は

コンテの突然の辞任については様々な憶測が飛び交っていますが、つまるところチャンピオンズリーグ(以下CL)のために投資を求めた現場の意見が、経営レベルで取り上げられなかったというのが理由のようです。ユベントスはCLで2年連続満足のいく結果を残せていません。コンテはその原因を戦力の不足ととらえており、フロントに戦力の底上げを求めたが、それが満たされることはありませんでした。その戦力というのはアーセナルに移籍したアレクシスサンチェスであり、フィオレンティーナのクアドラードです。さらにビダルの放出が取りざたされるにあたって、戦力ダウンも辞さないフロントの態度は、納得のいくものではなかったのでしょう。

現実的に考えれば、今期もユベントスはスクテッドの最有力候補であり、おそらくコンテが率いていたら高い確率でスクテッドを獲得したでしょう。そう考えると、フロントとしてはスクテッドの確保が現実目標となり、チャンピオンズリーグに挑むのはもう少し先という計算があったのかもしれません。実際15-16シーズンにはアディダスとの大型スポンサー契約が結ばれています。

しかしコンテから見ると、チャンピオンズリーグで覇権を争うつもりのないチームを一年率いるという事は、やりがいのない挑戦だったのかもしれません。コンテは監督として絶頂期にあります。1年を無駄にせず、今勝負をしたいという気持ちが強かったのではないでしょうか。

これからのユベントス

ユベントスはコンテの辞任について話し合いを事前に持っていたと思われます。その証拠に、翌16日には元ミラン監督のマッシミリアーノ=アレグッリの就任が決まっています。

アレグッリといえばACミランでスクテッドを獲得したものの、オーナーのベルルスコーニから成功しているスリートップにケチをつけられるなどの影響で徐々に勝ち星を落とし、最後は解任されたという監督です。 そう書くと微妙に聞こえますが、最優秀監督賞の受賞経験を持つなど、かなりの実力派です。ハイライトは10-11シーズンのスクテッドという考え方もありますが、真にアレグッリの実力が発揮されたのはイブラヒモビッチとチアゴ=シウバが移籍した12-13シーズンに、セリエA3位を獲得した粘り強いチーム作りでしょう。この時の3トップが原因で、オーナーとの確執が深まったというのも皮肉なものです。

アレグッリの就任で最も懸念されるのがピルロの扱いです。もともと中盤で肉弾戦に強いプレイヤーを多数配置し、イブラヒモビッチや3トップでの局面打開を行うチーム作りは、ピルロのようなレジスタを必要としませんでした。ピルロがミランを出る原因になったアレグッリが、ユベントスの次期監督という事は様々な議論を呼んでいます。

インタビューでは和解の姿勢を見せていますが、アレグッリがピルロという稀代のレジスタを使いきれなかったという事実は残っています。ユベントスの中で今後ピルロがどのようにプレイするのか、こちらも大きな注目点になりそうです。

とはいえ戦力的に他チームを大きく引き離しているユベントスは、今シーズンもセリエAの優勝候補です。おそらく危なげなく優勝するのではないでしょうか。

これからのコンテ

一方でコンテはイタリア代表監督の候補に挙がっています。こうなるとうがった見方をしたくなるのが、ワールドカップでのイタリア代表が惨敗した後に、コンテがユベントスの監督を辞任したという流れです。公平に見ても、シーズンの準備に入ってからの辞任というのは不自然です。イタリア代表の事を考えて辞任したのではないかという予想は、あながち間違っていないようにも思います。

イタリア代表以外にどのような可能性があるのかというと、なかなかに難しい状態です。コンテがいまさらプロビンチャ(小さいクラブ)の指揮を執るとも思えませんが、メガクラブといわれるチームの監督は今のところ安泰です。今季1年の休息の後に、状況を見てビッグクラブの監督の座を狙うというのが、あり得るシナリオではないでしょうか。

イタリア人監督は欧州でも評価が高く、コンテ自身は攻撃的なマインドを強く持った監督です。リーガエスパニョーラであれば、面白いチームを作りそうです。アトレティコのシメオネ監督はビッグクラブへのステップアップが考えられます。ひょっとすると、と期待したくなってしまうのは私だけでしょうか。

それもすべてイタリア代表の話が流れて、しかも1年後の事ですが。

(アイキャッチ:YouTube Foot!FRIDAYにユヴェントスのコンテ監督登場!/J SPORTS

 

参考動画:【ユヴェントス】優勝決定後、選手・スタッフに担がれて水風呂に落とされるブリーフを履いたコンテ/YouTube

 

スポンサーリンク