• 2019年 10月 19日

悪童でもいいじゃない!ワールドサッカーダイジェスト2014.11.20レビュー

(AD)                 

WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 11/20号 個性派の生きる道

今回は「個性派の生きる道」と題して悪童、天才肌、一芸を持っている選手などを特集した、ワールドサッカーダイジェスト2014.11.20のレビューです。悪童は現役・歴代のすべての選手が取り上げられているのですが、天才肌・一芸を持っている選手は何故か若手の特集になっています。そういう意味ではまったく統一感のない特集となっていますが、内容はなかなかに読みごたえがあります。

また、序盤戦に躍進したクラブやプレイヤーの特集も組まれており、サウサンプトン、セビージャ、サンプドリア等、試合を見る機会の少ないチームの現状もチェックできます。

スポンサーリンク

個性派の生きる道~バッドボーイ編~

異端児の再出発としてルイスス=アレスのインタビュー、道を外さなかった問題児としてジエゴ=コスタの特集がありましたが、なんといっても問題児と言えばマリオ=バロテッリでしょう。当然バロテッリの特集が組まれており、イギリス・イタリア双方での声を特集されています。とにかく、リバプールでのプレイがラストチャンスだけれども、期待は薄いという事で意見はほぼ一致しているようです。記事の中にもありましたが、若くして輝きを放ちビッグクラブに在籍するも主力として定着できない姿は、アントニオ=カッサーノの若いころとほぼ同じ姿です。カッサーノも才能に見合った活躍をしたとは言い難い選手だけに、バロテッリも同じようになるのではないかと考える人が多いようです。

他にも様々なバッドボーイ的な選手の経歴が載っていましたが、その中にひとつ、他の選手とはレベルの違う内容がありました。マリオ=マンジュキッチのユーズ時代の行いで、駐車場の車5台に放火して少年院送りになったというものです。もはやバッドボーイとかいうレベルではないような気がします。

燻るヤングスター6人の進化の道筋と有効活用法

ワールドサッカーダイジェスト御用達のイタリア人監督ロベルト=ロッシによる、イマイチ期待外れな若手スター特集という、実に玄人好みの記事です。取り上げられているのは、マテオ=コバチッチ、ステファン=エルシャーラウィ、ルーカス、エリック=ラメラ、ジェラール=デウロフェウ、オリヴェル=トーレスという、ルーカスとデロウフェウは微妙ですが、それ以外は見事に燻っている面々です。

提言自体はややメンタル的な内容が多く、充実しているとは言えませんが、各選手の持ち味や、活躍できない理由などは非常に興味深く読めます。

どの選手にも言えることですが、一瞬・一試合の輝きを放つことは出来ても、それを継続する事は非常に難しいという事を感じます。そういう意味では特集に挙げられている6選手は、出場機会を得られるだけの力を発揮できていますが、ユベントスのモラタや、レアルのヘセのように、才能を持ちながら試合にも出られない選手についても、何かきっかけがあればよいのにと思ってしまいます。

必見の最旬クラブ&プレイヤー

前半戦で躍進したクラブとプレイヤーの特集です。特に今シーズンは、プレミアのサウサンプトン、リーガのセビージャとバレンシア、セリエAのウディネーゼとサンプドリア、リーグアンのマルセイユがと躍進したチームが少なからず存在しています。普段試合を見ることの少ない、そんなチームの特集は非常に興味深い内容になっています。

とはいえ、優勝戦線に絡めそうなのは、マルセイユがかろうじて可能性があるといったところで、おそらくすべてのチームが良くてチャンピオンズリーグの出場権を争うレベルでしょう。

注目したいのはバレンシアで、オーナーの交代から躍進がスタートしている事や、ネグレドという後半戦に復帰する戦力を有していることを考えると、このまま強豪への道を歩む可能性も存在します。

サウサンプトンに関しては、ほぼ間違いなく2年連続で草刈り場になることは間違いありません。来年の今頃何人の選手が残っているのかという、別の意味で大注目のチームです。

関連記事:モダンフットボール特集!ワールドサッカーダイジェスト2014.11.4レビュー

アイキャッチおよびTOP画像は日本スポーツ企画出版社/WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 11/20号より

スポンサーリンク





One Comment

  1. サッカー 悪童 代表戦 | サッカー.tv
    2015年4月13日 at 11:38 PM 返信

    […] 悪童でもいいじゃない!ワールドサッカーダイジェスト2014.11.20レビュー … 今回は「個性派の生きる道」と題して悪童、天才肌、一芸を持っている選手などを特集した、ワールドサッカーダイジェスト2014.11.20のレビューです。スアレス、ジエゴ、バロテッリ、マンジュキッチなど、様々な個性派選手の魅力や珍エピソードが …(続きを読む) […]