• 2017年 5月 1日

ペドロ・ペレイラ、ドンナルンマ!2015-2016デビューを果たした若手選手(セリエA編)

(AD)                 

Pedro Pereira si presenta  «Alla Sampdoria per crescere e migliorarmi»   YouTube

今季のセリエAも既に3分の1を消化しました。上位常連組の他に、サッスオーロが良い位置につけています。そんなセリエAですが、今季も将来の有望株がセリエAデビューを果たしています。今季ブレイクする選手は、いったい誰になるのでしょうか?(※出場試合数は2015/12/11現在のものです)

スポンサーリンク

ジャンルイジ・ドンナルンマ(16歳/ミラン/GK)

デビュー:第9節(2015/10/25)サッスオーロ戦

出場試合数:7試合

もう言うまでもありませんよね。イタリアだけでなく、もはや全世界から注目される存在となった16歳の若きミランの守護神です。自身の生まれ年である「99」の背番号をつけ、出場した試合では2失点以上を奪われる事なく、7試合で与えた失点はわずかに4。復調ミランの象徴としてゴールマウスを守り続けています。飛び級でU-21イタリア代表にも選出されており、ブッフォン2世の称号をゲットすべく、順調に育っていると言えます。弱冠16歳で既に身長が196cmもあり、まだまだ成長するかも知れません。

ペドロ・ペレイラ(17歳/サンプドリア/DF)

デビュー:第3節(2015/9/14)ボローニャ戦

出場試合数:8試合

今季、ベンフィカ(ポルトガル)のユース部門から獲得した若きサイドバックです。第3節のボローニャ戦で、右SBマッティア・カッサーニの負傷により急遽出場し、これがセリエAデビュー戦となりました。急な出番にもかかわらず、攻守において落ち着いたプレーと正確なクロスでチャンスを演出し、同じく今季パルマ(イタリア)から加入したベテランDFカッサーニのポジションを脅かす存在として期待されます。

レイ・マナイ(18歳/インテル/FW)

デビュー:第1節(2015/8/24)アタランタ戦

出場試合数:2試合

今季アトレチコ・マドリード(スペイン)やローマ(イタリア)などどの争奪戦を制し、クレモネーゼ(イタリア)から獲得した、次代のアルバニアを担うとされるFWです。第1節のアタランタ戦で早速デビューし、自慢のスピードとテクニックをアピールしました。2試合合計で25分間しか出場時間がありませんが、この25分間は今後の本人にとっても貴重な経験となった事でしょう。今後が非常に楽しみな選手です。

セルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチ(20歳/ラツィオ/MF)

デビュー:第1節(2015/8/22)ボローニャ戦

出場試合数:12試合

今年開催されたU-20W杯で優勝したセルビア代表の中心選手であった大型MFです。今季ゲント(ベルギー)から獲得し、第1節ボローニャ戦でデビューを果たしました。かつてラツィオに所属していた母国セルビアの大先輩MFデヤン・スタンコヴィッチ氏を彷彿とさせるプレーぶりは、今後のラツィオを牽引していく存在として相応しいものと言えます。因みに弟のGKヴァンヤ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチはマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に所属しています。

その他にも数多くの若手有望株が虎視眈々とデビューの機会を狙っています。チーム方針がガラッと変わる事のある後半戦に、「ラフ・ダイヤモンド」が一気にデビューを果たすかも知れませんね。

関連記事

何故アトレティコはフェルナンド=トーレスを獲得したのか

丸岡 滿、サイ・ゴダード、木下 康介。海外ユースに挑む日本人選手達

トップ・アイキャッチ画像引用元:YouTube U.C.SampdoriaPedro Pereira si presenta: «Alla Sampdoria per crescere e migliorarmi» 

スポンサーリンク