• 2017年 6月 24日

日本代表、出身は「部活動」と「クラブチーム」どちらが多い?

(AD)                 

【日本代表 ワールドカップ予選】 11 9 シンガポールで国内組、海外組が合流 YouTube

2018年ロシアW杯に向け現在W杯アジア2次予選を戦っている最中の日本代表。私もサッカー経験者ではありますが、小学生の低学年からサッカーを始め、中学校のサッカー部、高校のサッカー部、大学の体育会サッカー部、社会人の地域リーグと大したキャリアではありませんが少なからず経験を積んできました。日本代表に選出されている選手も基本的には幼少期、小学生、どんなに遅くとも中学生の年代にはサッカーを始めていたでしょう。まさに小学生~高校生までの年代は「ゴールデンエイジ」と呼ばれ成長曲線が急激に上向きになる時期であります。そんな彼らの礎となったチームはJリーグの下部組織「ユース」なのかはたまた冬の選手権で日本中を熱くする高校サッカーの「部活」なのか、現代表の選手がどちらが多いか検証してみます。

スポンサーリンク

世界的に特殊な制度「部活動」

日本では当たり前のように行われている「部活動」ですが、日本や韓国では盛んに行われているもののスペインやブラジルなどの欧州、南米では学校教育の一環でスポーツ活動をすることはなく、「クラブチーム」に所属してスポーツをすることが多いそうです。

冒頭にも書きましたが私は小学校の地域サッカークラブ→中学校のサッカー部→高校のサッカー部→大学の体育会サッカー部・・・とキャリアを積んできましたので「部活動」としてサッカーをしてきた経緯がほとんどです。

そこではサッカーの技術や戦術を学ぶことももちろんありますが、「人としてどう生きるか」という人間学を先に考えさせられたのはあくまで学校の教育機関であるということが前提にあると思います。

サッカーの技術や戦術より「礼節」や「協調性」、「人間性」を重んじるあたりは日本らしさが部活動には根付いているようです。

Jリーグのユースチーム、地域のクラブチーム

個人的には所属したことはありませんが、サッカーの盛んな地域に育ったため、友人や知人にJリーグの下部組織に所属する人や強豪のクラブチームに所属する選手も多かったので話を聞く機会はありました。

セレクションやスカウトにより狭き門となっているのがユースやクラブチームですからテクニックや身体能力に優れた選手が集まるのは必然です。ましてJリーグ直属の下部組織となればやはりトップチームに入りプロサッカー選手として仕事ができるチャンスも増えます。

もちろんJユースやクラブチームでも学校教育のように「人間性」を伝えることもあるでしょう。サッカーは「紳士のスポーツ」ですから、指導者がライセンス保持者でしっかりとした方であればプロになれずとも人として成長できるはずです。

以前、私が若い頃はクラブチームやJユースという存在は少なかったですからこのような「人間性」の部分はないがしろにされていた頃もあったらしく、「学級崩壊」のように荒れたチームもありました。もちろんチームによって様々ですが指導者によってはあまり良い指導をされていないところもあったそうです。

現日本代表のユース年代の出身チーム

現在の日本代表のメンバーを「ユース、クラブチーム出身」、「部活動出身」で分けてみました。(2015/11/5発表、日本代表)

高校・大学(部活動)出身者 11人

GK:六反 勇治(熊本国府高)、林 彰洋(流経大柏→流経大)

DF:長友 佑都(東福岡高→明治大)、森重 真人(広島皆実高)、藤春 廣輝(東海大仰星高→大阪体育大)、丸山 祐市(国学院久我山高→明治大)

MF:長谷部 誠(藤枝東高)

FW:岡崎 慎司(滝川二高)、本田 圭佑(星稜高)、金崎 夢生(滝川二高)、武藤 嘉紀(FC東京U-18→慶應大)

Jユース、クラブチーム出身者 12人

GK:西川 周作(大分トリニータU-18)

DF:槙野 智章(サンフレッチェ広島ユース)、吉田 麻也(名古屋グランパスエイトU-18)、酒井 宏樹(柏レイソルU-18)

MF:柏木 陽介(サンフレッチェ広島ユース)、香川 真司(FCみやぎバルセロナ)、清武 弘嗣(大分トリニータU-18)、山口 蛍(セレッソ大阪U-18)、遠藤 航(湘南ベルマーレU-18)

FW:原口 元気(浦和レッズユース)、宇佐美 貴史(G大阪ユース)、南野 拓実(セレッソ大阪U-18)

もちろん、中学時代にJのジュニアユースで高校は部活動という選手もいれば中学まで部活で高校からはJユースという選手もいたり純粋にどちらという分け方はできませんが、ほとんど同数という結果になっています。

クラブチームも部活動も日本サッカーの基礎となるものですから切磋琢磨で成長していってほしいです。

関連記事:

鎌田大地が日本代表に必要な理由

日本代表、直接FKを決めるのは誰だ!?

トップ・アイキャッチ画像引用元:JFATV 【日本代表 ワールドカップ予選】 11/9 シンガポールで国内組、海外組が合流

スポンサーリンク





One Comment

  1. 応援リーダーは柴崎岳!全国高校サッカー選手権大会と日本代表 | FCクロコダイル
    2015年12月1日 at 9:07 AM 返信

    […] 日本代表、出身は「部活動」と「クラブチーム」どちらが多い? […]