• 2017年 4月 30日

日本代表vsカンボジア代表戦!NHKBS1での木村和司の解説どうでした?

(AD)                 

ロシアW杯アジア2次予選、日本代表VSカンボジア代表の試合が埼玉スタジアムで行われ3-0で日本代表が勝利しました。前回のシンガポール戦を彷彿とさせるような試合で見ている方は何ともモヤモヤ感の起こる試合となりました。格下相手にこれほどの点しか取れないとなると残念です。

そんな試合で一石を投じたのがNHKBS1での中継で解説を務めた木村和司氏。木村和司氏のコメントにテレビの視聴者はTwitter,各掲示板で反応。ダブル解説となった山本昌邦氏とのやりとりも注目されある意味では試合より盛り上がったのではないでしょうか。そんな解説者、木村和司氏、山本昌邦氏のコメントを振り返りましょう。

スポンサーリンク

木村和司の毒舌コメント

Twitterの反応を見るといくつか木村和司氏への批判的な意見が集まってました。

SR  sr2460 さん   Twitter

引用:Twitter SR@sr2460さんより

アラブ三郎  alovesun さん   Twitter

引用:Twitter アラブ三郎@alovesunさんより

個人的には木村和司氏の解説を見ていて、聞いていて少し不快になりました。批判するのは良いと思うけど「言い方」というものがありますよね。ハリルホジッチ監督の態度が「他人事のように見える」とコメントされてましたが、私はそうは見えませんでした。

山本昌邦のフォロー

何かとネット上で話題ともなる山本昌邦氏。山本昌邦氏は「したたか」や「アタッキングサード」、「オフザボール」などその試合で何回も同じキーワードを言うことで有名です。

今回は山本昌邦氏が木村和司氏の嫌味や毒舌をうまく中和させていました。もちろん素人の視聴者が見ても調子の良くなかった日本代表ですから、山本昌邦氏であっても厳しい採点をしていると思います。

しかしその本音をうまく隠しながら、木村和司氏とのバランスを取ろうとする姿勢もある意味では空気の読める解説なのかと思います。

求められる「解説キャラクター」

そもそも解説者とは何なのか?ということを考えてみると、特に日本ではそのスポーツのOB、OGが選手やルールについて視聴者にわかりやすく説明することが仕事だと思いますが、最近ではその人の「キャラクター」も求められます。

松木安太郎氏のように「応援スタイル」でキャラクターを確立した人もいれば、現川崎フロンターレ監督の風間八宏氏のようにクレバーかつ日本人贔屓の発言で印象を良くしようという人もいたり、セルジオ越後氏のようなとことん毒舌キャラを貫くという様々なジャンルがあります。

TVも「視聴率」取ってナンボの世界ですから、ある程度特徴のある解説者でないと見ている人が楽しめずチャンネルを回されてしまうということはわかっています。

「サッカー経験者から見るサッカー中継の解説」と「素人から見るサッカー中継」って好みが違うと思います。

割とNHK、テレ東、フジは玄人より、テレ朝、日テレ、TBSは全般向けではないでしょうか。

個人個人好みのサッカーTV中継、放送局あると思いますが、あなたはどこがお好み?

トップ・アイキャッチ画像引用元:

日本代表 カンボジア戦 3-0 本田先制無回転シュート! tigersugi13 YouTube

スポンサーリンク





One Comment

  1. 日本代表の救世主となるかもしれない男たち | FCクロコダイル
    2015年9月29日 at 7:31 AM 返信

    […] 日本代表vsカンボジア代表戦!NHKBS1での木村和司の解説どうでした? […]