• 2017年 5月 1日

W杯アジア2次予選日本代表発表!あの選手が・・・!!

(AD)                 

9月3日、8日に行われるW杯アジア2次予選の日本代表が発表されました。先月に開催された東アジアカップで勝ち無しの最下位となった日本代表。国内組のみの選出だったということは言い訳にしたくないですが、非常に残念でした。このままではロシアW杯に出ることが厳しくなります。今回はポジション別にメンバー選考を考察したいと思います。

スポンサーリンク

ついに外れた川島永嗣

GK

西川周作(浦和レッズ)、東口順昭(ガンバ大阪)、六反勇治(ベガルタ仙台)

今回の話題となっているのは長年日本代表の守護神として君臨してきた川島永嗣が招集されなかったことです。所属チームが決まらず、コンディションが整わないことを考えると当然の判断かもしれません。

六反勇治が3rdGKと考えるとスタメンは西川周作か東口順昭でしょう。Jリーグ1stステージで浦和レッズの優勝に大きく貢献した西川周作の方が一歩リードしている感じはありますが、東口順昭も昨シーズンのガンバ大阪を支えた一人ですのでどちらがスタメンでも納得です。

かつての川口能活と楢崎正剛のようなポジション争いを繰り広げることができれば日本代表GKの成長に繋がるでしょう。

長友佑都はもうレギュラーではない

DF
酒井宏樹(ハノーファー)、酒井高徳(ハンブルガーSV)、長友佑都(インテル)、吉田麻也(サウサンプトン)、丹羽大輝(ガンバ大阪)、槙野智章(浦和レッズ)、森重真人(FC東京)、米倉恒貴(ガンバ大阪)

2010年~2014年にかけては「右の内田篤人」、「左の長友佑都」の2枚看板で両翼を担ってきたサイドバック。

怪我でリハビリ中の内田篤人はもちろん招集されませんでしたが、ここまで代表のサイドバックを牽引してきた長友佑都も移籍問題などで腰を据えられていない状態です。インテルでのプレシーズンマッチではトップ下などの本来のポジションではないところでの起用により構想外ともされています。セリエA開幕戦もベンチを温めました。もはや誰がレギュラーとして出ても驚きはないポジションです。

そして気になるのはCB。東アジアカップでのCBのやられようを考えると、吉田麻也が「CBリーダー」としての威厳を守れるかが注目です。東アジアカップで吉田麻也がいれば・・・と言われるほどの活躍をして欲しいものです。

ポリバレント性を問われる中盤

MF
長谷部誠(フランクフルト)、山口蛍(セレッソ大阪)、柴崎岳(鹿島アントラーズ)、香川真司(ドルトムント)、遠藤航(湘南ベルマーレ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)

構成は「①ダブルボランチにトップ下」か「②ワンボランチにトップ下2人」でしょう。プランとしては後半途中から②へ変更するという可能性が高いです。

スタメンは長谷部誠、山口蛍、(もしくは柴崎岳)。トップ下は香川真司が有力。

遠藤航はサイドバックもこなせる超重要メンバーとされています。彼がベンチにいるとは心強いでしょう。

個人的には東アジア杯で2得点した武藤雄樹を入れるべきだったのではないかと思います。

いつの時代でも「ラッキーボーイ」的な存在は大事でした。フランスW杯予選の「野人」岡野雅行、日韓W杯の鈴木隆行、ドイツW杯予選の大黒将史、巻誠一郎、玉田圭司・・・など。

武藤雄樹でなくとも新しくフレッシュな選手は必要です。ロシアW杯予選で「ラッキーボーイ」となるのは誰か!?

決定力不足と戦うFW陣

FW
本田圭佑(ACミラン)、宇佐美貴史(ガンバ大阪)、武藤嘉紀(マインツ)、岡崎慎司(レスター)、興梠慎三(浦和レッズ)、永井謙佑(名古屋グランパス)

東アジア杯で決定的な仕事ができなかったFW陣。海外組のメンバー中心となりましたが、国内組では宇佐美貴史、興梠慎三、永井謙佑が選ばれています。

本田圭佑、岡崎慎司がレギュラーとして考えられているでしょうが、他の選手がどう食い込んでくるかがポイントです。今季ACミランではトップ下にポジションを据えている本田圭佑。FWでの登録ですがトップ下での出場も十分考えられます。もし香川真司とのポジション争いとなるならば面白いでしょう。

となるとサイドの選手、宇佐美貴史、武藤嘉紀、永井謙佑の活躍が必須でしょう。FWが点取れれば波に乗るはずです。もはや永遠の課題となりつつある「決定力不足」を解消するのは国内組の選手だと私は期待しています。

関連記事

鎌田大地が日本代表に必要な理由

日本代表、「フィジカル」が強い相手にどう戦うか?

トップ・アイキャッチ画像引用元:SAMURAI BLUE メンバー発表記者会見 2018FIFA ワールドカップロシア アジア2 次予選 兼 AFC アジアカップUAE2019 予選 JFATV YouTubeより

スポンサーリンク





One Comment

  1. 本田圭佑所属、低迷の続くACミラン。ミハイロビッチ新体制の戦力事情 | FCクロコダイル
    2015年8月30日 at 6:00 AM 返信

    […] W杯アジア2次予選日本代表発表!あの選手が・・・!! […]