• 2017年 12月 15日

今度はディ・マリア移籍!PSGの貪欲な補強を振り返る。

(AD)                 

昨夏レアル・マドリードからイングランド市場最高額の約103億円でマンチェスター・ユナイテッドに加入し、カントナ、ベッカム、クリスチアーノ・ロナウドに次ぐ、レッドデビルズの栄光の背番号7をまとったアルゼンチン代表のディ・マリア。そんな彼をフランスリーグ・アンのパリ・サンジェルマン(以下PSG)が獲得しました。

2011年にPSGのオーナーがカタール・スポーツ・インベストメントになって以来、このクラブは移籍市場に多額の資金を投じ、かつてのチェルシーやマンチェスター・シティのように国内リーグの優勝を果たし、CL制覇も狙えるクラブへと成長してきました。現在の強さに至るまでに、ここ数年の移籍市場でPSGが獲得してきた大物選手たちと費やした金額を振り返ってみます。

スポンサーリンク

2011年夏〜

  • パストーレ(MF)〈USパレルモ→〔イタリア〕約42億円〉
  • シリグ(GK)〈USパレルモ→〔イタリア〕約4億円〉
  • メネズ(FW)〈ASローマ→〔イタリア〕約8.8億円〉

etc…

パリ・サンジェルマンは2011年5月にカタールの企業によって買収され、いわゆる“中東マネー”を移籍市場に投じるようになっていき、早速この年から、当時イタリアのUSパレルモで「期待の若手」と注目されていたパストーレなどを獲得しました。この移籍をきっかけにビッグクラブの仲間入りに向かって補強を開始しました。

■2011年冬〜

  • アンチェロッティ(監督)〈チェルシーFC→〔イングランド〕???億円〉
  • マクスウェル(DF)〈バルセロナFC→〔スペイン〕約2.5億円〉
  • チアゴ・モッタ(MF)〈インテル→〔イタリア〕約2億円〉

etc…

11-12シーズンの冬にはイングランドのチェルシーFCから、かつてACミランにCL優勝などをもたらした名将アンチェロッティ監督を獲得しました。このシーズン、優勝は惜しくも逃しましたが、最終的にリーグ2位で終え、久しぶりにリーグで好成績を残すまでにチームの実力は上がってきました。

■2012年夏〜

  • ラベッシ(FW)〈SSCナポリ→〔イタリア〕約26億円〉
  • チアゴ・シウバ(DF)〈ACミラン→〔イタリア〕約42億円〉
  • イブラヒモビッチ(FW)〈ACミラン→〔イタリア〕約23億円〉

etc…

この年、ACミランとブラジル代表の両チームでキャプテンを務めていたDFチアゴ・シウバと、同じくACミランの絶対的エースであったスウェーデン代表FWのイブラヒモビッチを獲得することに成功します。ビッグクラブから真のスター選手たちを獲得し、12−13シーズンは遂に12年ぶりのリーグ制覇を果たしました。

■2013年夏〜

  • カバーニ(FW)〈SSCナポリ→〔イタリア〕約83.5億円〉
  • マルキーニョス(DF)〈ASローマ→〔イタリア〕約46億円〉

etc…

リーグ制覇をしても、パリ・サンジェルマンの補強意欲は止まりません。イタリアのSSCナポリで前シーズン得点王に輝いたウルグアイ代表FWのカバーニをリーグ・アン史上最高金額で獲得し、リーグ2連覇を果たしました。

■2014夏〜

  • ダビド・ルイス(DF)〈チェルシーFC→〔イングランド〕約85.8億円〉

etc…

チェルシーの監督にモウリーニョが復帰したことをきっかけに、徐々に出場機会が減っていたブラジル代表DFを獲得しました。チアゴ・シウバ、マルキーニョスに続いて3人目のブラジル代表DFが加入し、リーグ3連覇を達成しました。

各国で数々のタイトルを獲得してきたスター選手たちを毎年のように補強し続け、12-13シーズンから国内リーグは3連覇を飾っており、昨季はCLでも強豪チェルシーを撃破しました。上記の補強も含め、ここ4年間のPSGが移籍市場に投じた金額はおよそ365.5億円に上ります。

現在日本国内でトップの予算を誇る浦和レッズの年間予算が70億円(年間予算であり、移籍マーケットに投じる金額はこの中の一部です。)ですから、PSGが移籍市場に投じてきた金額がどれだけ莫大な金額かが分かって頂けると思います。加えて前述したように、マンチェスター・ユナイテッドからアルゼンチン代表のディ・マリアを獲得するために80億円以上の資金を投じようとしています。

この移籍を実現させることができるのか、そして新シーズンは悲願のCL制覇を果たすことができるのか、フランスの古都パリに本拠地を構えるこのクラブの動向に今後も目が離せません。

関連記事

フランスのPSG一強に歯止めをかけるリヨンの躍進

PSG対チェルシーなど、CLベスト16 マッチレビュー(2.17-18)

トップ・アイキャッチ画像引用元:ディマリア移籍先はPSG!マンチェスターで強盗に遭い決断か?背番号は?情報まとめ局芸能人の YouTubeより

(ライター:谷口隼翔)

スポンサーリンク





2 Comments

  1. ASモナコへ電撃移籍が決定したエル・シャーラウィ | FCクロコダイル
    2015年8月13日 at 12:24 PM 返信

    […] 今度はディ・マリア移籍!PSGの貪欲な補強を振り返る。 […]

    • Queenie
      2016年11月14日 at 10:47 PM 返信

      I actually found this more entnetairing than James Joyce.