• 2017年 5月 24日

ハーフナー・マイク所属のHJKヘルシンキも勝ち上がり。2015-16CL予選途中経過

(AD)                 

今年もCLのグループステージ進出を賭けた予選が始まりました。既に1回戦、2回戦が終了し、7月28・29日と8月4・5日に開催される3回戦進出チームが決定しました。

2015-2016のチャンピオンズリーグはこの3回戦を勝ち抜いた15チームに、プレーオフからの参加権をすでに獲得しているバレンシア、マンU、レヴァークーゼン、ラツィオ、スポルティング・リスボンを加えた計20チームでプレーオフを開催。プレーオフを勝ち抜いた10チームがグループステージに進出する権利を獲得します。(優勝チーム予選と上位チーム予選の区分けは本記事では省略しています)

予選の2~3回戦からは日本人選手の所属する選手も参戦し始めるので、チャンピオンズリーグを最大限楽しむために、予選の動向はぜひ注目しておきたいところです。

スポンサーリンク

CL予選1回戦を制した4チーム

1回戦はUEFAランキング47位から54位までの国のリーグ優勝チーム8チームによって争われ、クルセイダーズ(北アイルランド)、ピュニク・エレバン(アルメニア)、リンカーン・レッド・インプス(ジブラルタル)、ザ・ニュー・セインツ(ウェールズ)の4チームが勝ち上がりました。

2回戦はセルティックなどが順当に勝ち上がり。HJKヘルシンキも3回戦進出決定

2回戦からは、1回戦を勝ち上がった4チームに加え、UEFAランキング16位から46位までの国のリーグ優勝チームが登場し、全34チームでの争いとなります。イスラエルの強豪マッカビ・テルアビブが順当に勝ち上がった他にも、2011-12シーズンにはキプロス勢では初となるCLベスト8まで進んだAPOELニコシア(キプロス)も順当に勝ち上がり、3回戦ではミッティラン(デンマーク)との対戦が決まりました。

また古豪パルチザン・ベオグラード(クロアチア)も順当に勝ち上がり、3回戦ではステアウア・ブカレスト(ルーマニア)と対戦します。スコティッシュ・プレミアリーグでは向かうところ敵無しのセルティックですが、CLは2回戦から戦わなければなりません。セルティックも無事に勝ち上がり、3回戦ではカラバフ(アゼルバイジャン)と対戦します。

CL予選の舞台では、日本人選手の活躍も見られます。ハーフナー・マイク選手と田中亜土夢選手が所属するHJKヘルシンキ(フィンランド)は、ハーフナー・マイク選手のゴールなどで3回戦進出を決め、3回戦ではアスタナ(カザフスタン)と対戦します。

なお、1回戦を勝ち上がった4チームは、残念ながらいずれのチームもこの2回戦で敗れ、姿を消しています。

7/28,29の3回戦の見どころ

3回戦になると、2回戦を勝ち上がった17チームの他に、UEFAランキング6位から15位までのリーグ戦優勝チームや上位チームの13チームが登場し、全30チームでの争いとなります。

主な対戦カードとしては、CL本戦の常連モナコ(フランス)は久保裕也選手が所属するヤング・ボーイズ(スイス)と対戦します。またこちらもCL本戦の常連であるアヤックス(オランダ)はラピッド・ウィーン(オーストリア)との対戦となり、決して気の抜けない戦いが続きます。そしてCLグループステージのダークホース的存在をここ数年演じているシャフタール・ドネツク(ウクライナ)は、トルコの難敵フェネルバフチェとの対戦となります。

3回戦は8月5日に終了し、主要リーグの上位チームを含め、CLグループステージへ進出できる10個の椅子を賭けたプレーオフの組み合わせ抽選会(8月7日)を迎えます。プレーオフからの登場となり、積極的な補強を続けるマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)やバレンシア(スペイン)、ラツィオ(イタリア)等はどのチームとの対戦となるのか、また今年もどの様なドラマがあるのか、今から楽しみですね!

関連記事

意外と分かりやすい…UEFAランキングはどう決まる?

いよいよ佳境!EURO2016予選状況!

トップ・アイキャッチ画像引用元:HJK TV: Suomen Cup 6. kierros PK-35 – HJK 1-2 YouTubeより

スポンサーリンク