• 2017年 4月 25日

ファルカオがチェルシーへ?! 各国リーグ内のビッグクラブ間での移籍事情

(AD)                 

【ラダメル・ファルカオ】マンUでのスーパープレイ!   YouTube

ヨーロッパのサッカーシーンは移籍マーケットがメディアを賑わす季節がやってきました。そして早速、昨季マンチェスター・Uで9番を背負ったコロンビア代表のエースファルカオがチェルシーへ移籍することが濃厚となっています。

この移籍が実現すれば、チェルシーとしてはライバルチームの戦力ダウンをさせつつ、自分たちの補強を成功させた形であり、マンチェスター・ユナイテッドとしては、ライバルチームの補強を手伝ってしまった形となります。このように同じリーグ内のビッグクラブ間での移籍は大きな注目点になりますし、優勝争いに影響することも考えられます。今日はこれまでに同国内のビッグクラブ間で成立した移籍の例を振り返ってみます。

スポンサーリンク

「無敵のチーム」からマンチェスターの2クラブへの人材供給源となったアーセナル

14-15シーズン、リーグ戦は3位、カップ戦は優勝を果たしたアーセナルは、これまでに多くの主力選手をライバルチームに譲ってしまってきたチームの一つです。

11−12シーズン終了後の移籍市場で当時チームの絶対的エースであったファン・ペルシーをマンチェスター・Uに移籍させてしまい、クラブはサポーターたちから大バッシングを喰らってしまいました。ファン・ペルシーはマンチェスター・Uでの1年目のシーズンで26得点を記録し得点王に輝き、チームをリーグ制覇に導きました。

またファン・ペルシーをライバルチームに放出してしまった1年前にも、チームで8番を付けていたナスリと、彼と共にアーセナルの左サイドを形成していたクリシーを、13-14シーズン終了後にはフランス代表のサニャをそれぞれマンチェスターにあるもう一つのライバルチームに放出してしまいました。

それでも毎シーズンチームを上位に導くベンゲル監督の手腕はさすがですが、これら中心選手が今尚チームに残っていれば、チームとしての成熟度も高まっており、当時「The Invincibles(無敵のチーム)」と称された03-04シーズンのチーム以来のリーグ制覇をすでに達成できているような気がします。

禁断の移籍が通例化するドルトムント

10-11シーズンからのリーグ2連覇が嘘のように、今シーズンは一時最下位まで順位を落としてしまったドルトムント。このゲーゲン・プレッシングで一世を風靡したこのクラブもライバルチームに多くの中心選手を譲ってきてしまったチームの一つです。

記憶に新しいのは14-15シーズン、17得点を挙げバイエルン・ミュンヘンでチーム得点王となったポーランド代表のレバンドフスキ。彼もドルトムントで4シーズンを過ごし、2連覇の立役者となったのち、国内最大のビッグクラブであるバイエルン・ミュンヘンへ移籍していきました。その1年前には8歳からドルトムントのユースに所属していたゲッツェもバイエルン・ミュンヘンへ移籍しています。

そして更に、守護神ヴァイデンフェラーも”禁断の移籍”を繰り返すのではないかという噂が現在進行形で進んでいます。”禁断の移籍”が通年化してきてしまっているこの両クラブ間の移籍は今後も注目です。

15年以上経った現在も恨まれ続ける移籍

スペインの、そして世界的に見ても最大のクラブであるバルセロナとレアル・マドリードの両方に所属したことがある選手は数人しかいませんが、その中でも特に元ポルトガル代表のフィーゴは、サポーターからの反響が物凄く大きかった選手の一人です。

バルセロナでの活躍が認められバロンドールを獲得した2000年にレアル・マドリードに移籍した彼はバルサファンからペセテーロ(守銭奴)と揶揄され、シーズンが始まりカンプノウに凱旋すると、彼がCKを蹴ろうとする度にスタンドからゴミやペットボトルが投げ込まれ試合が中断するなど、バルセロニスタたちが如何に彼の移籍を恨んでいたかを目の当たりにすることができました。

また、先日のCL決勝に先立って行われた「バルセロナ・ユベントスレジェンズVS世界選抜」のフレンドリーマッチにも招待してもらえないということが起こりました。15年前の因縁がクラブやサポーターたちの中に今尚残っていることがわかります。

他にも元ブラジル代表のロナウドも両クラブに在籍した数少ない選手ですが、彼の場合、間に他のクラブ(バルセロナ→インテル→レアル・マドリード)を経由しての移籍であったため、フィーゴほどバルセロニスタを敵に回すことにならなかったのでしょうか。

このように同国内のビッグクラブ間の移籍はチームの成績面でも商業面でも、また移籍した本人のサッカー人生にとっても、ものすごく大きな影響をもたらします。夏の移籍市場は8月31日までと、まだまだ長い間開かれていますので、今年の夏、どんなビッグネームが移籍を果たすのか。あと約2ヶ月間、例え試合がなかったとしても、ヨーロッパサッカーからは目が離せませんね。

画像版権:123RF Thomas Beckerより 【ラダメル・ファルカオ】マンUでのスーパープレイ!YouTubeより

(ライター:谷口隼翔)

スポンサーリンク





4 Comments

  1. 高騰し続ける移籍金のきっかけとなったボスマン判決とは?(前編) | FCクロコダイル
    2015年6月29日 at 6:36 AM 返信

    […] ファルカオがチェルシーへ?! 各国リーグ内のビッグクラブ間での移籍事情 […]

  2. 2015年6月版プレミアリーグ主力チームの移籍動向まとめ | FCクロコダイル
    2015年7月1日 at 7:20 AM 返信

    […] ファルカオがチェルシーへ?! 各国リーグ内のビッグクラブ間での移籍事情 […]

  3. 妄想膨らむ「超先行選手名鑑」WSD20150702レビュー | FCクロコダイル
    2015年7月2日 at 7:00 AM 返信

    […] ファルカオがチェルシーへ?! 各国リーグ内のビッグクラブ間での移籍事情 […]

  4. ロナウド、セードルフ、アネルカ…移籍を繰り返したスーパースターたち | FCクロコダイル
    2015年7月10日 at 9:11 AM 返信

    […] ファルカオがチェルシーへ?! 各国リーグ内のビッグクラブ間での移籍事情 […]