• 2019年 9月 18日

あの注目選手はいま・・・ミラレム・スレイマニ(ベンフィカ)

(AD)                 

26514800_l

一時期大活躍をしたけれど、今はあまり名前を聞かない・・・そんな選手も数多く存在します。何かひとつのきっかけで、その選手のサッカー人生を大きく変えてしまう事もあります。

今回ご紹介するミラレム・スレイマニ。年齢的にまだ中堅の選手ですが、アヤックスでの6年間で、彼のサッカー人生は大きく変わってしまいました。

スポンサーリンク

運命を変えたアヤックスでの6年間

セルビア・ベオグラードで出生したスレイマニは、現在26歳。名門パルチザン・ベオグラードから2007年にヘーレンフェーン(オランダ)に移籍し、この年は15ゴールの大活躍を挙げ、翌2008年には当時のレートで約27億円の移籍金でアヤックスへ移籍します。アヤックスでは主にウィンガーとしてプレーし、2011年に発生した東日本大震災のチャリティーマッチ、対清水エスパルス戦にも出場していましたので、馴染みのある方も多いかと思います。

移籍当初はそれなりの結果を残したものの、翌シーズンからはケガの影響やビッグクラブ故のプレッシャーが、まだ若かった彼を苦しめます。2010年には、クラブの計らいにより彼の成長を促すべくウエストハム(イングランド)へのレンタル移籍が決まりつつありましたが、結局労働ビザが認められず、レンタル移籍は破談となりました。また度重なるケガに悩まされた事も彼の成長の抑制となってしまいました。ケガは多かったものの、ケガが癒えると実力を再び発揮し始め、2011-12シーズンには、12ゴールを挙げる活躍を見せました。しかし、シーズン途中で膝のケガで戦線を離脱。そして今後の活躍が期待されるさなか、2012-13シーズン、再びケガにより戦線を離脱。復帰した彼に与えられるポジションは既にありませんでした。アヤックスは契約延長交渉の打診をする事もなく、スレイマニとの契約を2012-13シーズン限りで満了する事を決めたのです。

新天地・ベンフィカでの苦悩

移籍金無しで獲得できるスレイマニを巡り、ブンデスリーガやプレミアリーグからのオファーもありましたが、結局ベンフィカ(ポルトガル)への移籍を決め、2018年までの5年契約を結びました。この年、ベンフィカは大活躍したマティッチに味を占め、セルビア人選手を多く獲得し、彼もそのうちのひとりとして活躍を期待されました。しかし、彼の「再生計画」は、度重なるケガの影響で頓挫。ベンフィカで2シーズンを終えましたが、まだプリメイラリーガでは1ゴールしか挙げられていないのです。ベンフィカとは2018年まで契約が残っていますが、既に放出候補と噂されています。

以前の輝きを取り戻すには?

ヘーレンフェーンやアヤックスに移籍した当初に見せた大活躍。ただケガの影響からか、かつてのスピードは失われつつあり、当時の様な輝きを取り戻すのが難しいかも知れません。また、チームに在籍していたセルビア人選手も軒並み移籍してしまった為、南米路線へシフトしたチームの方向性とはもはや合わないと言わざるを得ません。まだ3年間の契約期間がありますが、今後ベンフィカで活躍するのは困難であり、また移籍金を払ってまで獲得するクラブもありませんので、契約解除のうえ、フリーで移籍するしか方法は残っていない様な気もします。

関連記事:バルサにレアル・・・「カンテラ」出身注目選手の現在地
版権: ververidis / 123RF 写真素材

スポンサーリンク