• 2017年 8月 20日

あの注目選手はいま・・・ボージャン・クルキッチ(ストーク・シティ)

(AD)                 

9084192_l

一時期大活躍をしたけれど、今はあまり名前を聞かない・・・そんな選手も数多く存在します。何かひとつのきっかけで、その選手のサッカー人生を大きく変えてしまう事もあります。

今回ご紹介するボージャン・クルキッチはバルセロナのカンテラ(下部組織)を代表する選手にまで成長しましたが、バルセロナのトップチームでのポジション争いに敗れた結果、様々なクラブチームを渡り歩く様な存在になってしまいました。

スポンサーリンク

輝かしきバルサ時代

カタルーニャ出身の彼は、幼少時代にバルセロナに入団し、以降トップチームまで上り詰めました。彼の父親がバルセロナの名スカウトである事は有名ですね。ボージャンは17歳の若さでリーガ・エスパニョーラにデビューし、チームの最年少記録を塗り替えると共に、チーム最年少得点記録も塗り替えたのです。

バルセロナで順調に育ちつつあった彼ですが、レギュラー争いに勝ったとは言い切れず、途中出場がメインの起用法となっていました。それもそのはず、当時のバルセロナにはメッシやエトー、アンリなど蒼々たるFWが所属していました。この状況はメッシ以外のメンバーがイブラヒモビッチやダビド・ビジャ、アレクシス・サンチェスになってからも変わりませんでした。

出場機会を求めて・・・

2011-12シーズンに、コンスタントな出場機会を求めて、当時チームの大先輩であるルイス・エンリケが指揮を執っていたローマ(イタリア)にレンタル移籍します。初年度からレギュラーとして起用され、まずまずの結果を残しました。ただ、年間を通じてコンスタントに出場できた最初の年でもありましたが、チームにインパクトを与えるまでの活躍とはいきませんでした。翌2012-13シーズンは同じくセリエAのミランにレンタル移籍をしますが、ケガの影響もあり、出場試合数も約半分の19試合に限られました。2シーズンをレンタル先で過ごし、あまりインパクトが残せないままバルセロナに復帰する予定でしたが、急遽2013-14シーズンはアヤックス(オランダ)へレンタル移籍が決まりました。エールディビジ初挑戦となった当初はレギュラーFWとして活躍していましたが、CFとの相性の悪さなどにより、次第に出場機会が減っていきました。

路を断ち、新たな挑戦へ

そして2014-15シーズン。彼はプレミアリーグを新たな主戦場とすべく、ストーク・シティへ完全移籍を果たします。バルセロナとの別れは、完全に退路を断った移籍を意味するものとなりました。コンスタントにチャンスは与えられており、プレミアリーグの水にも慣れてきた様にも見えましたが、1月に左膝じん帯断裂の大ケガを負ってしまい、残念ながら今季中の復帰が不可になってしまいました。また場所が場所だけに、今後のプレーに影響が出ない事が望まれます。

昔からバルセロナ生え抜きのFWは国外では通用しない等々言われてきましたが、それが間違いであるという事を立証する為にも、まだまだ25歳のボージャンには活躍して欲しいものです。

版権: sportgraphic / 123RF 写真素材

スポンサーリンク





4 Comments

  1. あの注目選手はいま・・・ムニル・エルハムダウィ(フィオレンティーナ) | FCクロコダイル
    2015年6月16日 at 7:01 AM 返信

    […] あの注目選手はいま・・・ボージャン・クルキッチ(ストーク・シティ) […]

  2. あの注目選手はいま・・・ハビエル・サビオラ(ヴェローナ) | FCクロコダイル
    2015年6月23日 at 3:24 PM 返信

    […] あの注目選手はいま・・・ボージャン・クルキッチ(ストーク・シティ) […]

  3. 武藤嘉紀を応援しにドイツへ行こう!マインツでの観戦方法は? | FCクロコダイル
    2016年1月5日 at 1:20 PM 返信

    […] ・あの注目選手はいま・・・ボージャン・クルキッチ(ストーク・シティ) […]

  4. クロップを追え!リヴァプールの試合を観戦する方法 | FCクロコダイル
    2016年2月2日 at 8:11 AM 返信

    […] ・あの注目選手はいま・・・ボージャン・クルキッチ(ストーク・シティ) […]