• 2019年 9月 18日

シャビ、バルサ退団決定! 欧州トップリーグからカタールへ移籍した名選手たち

(AD)                 

10781163_xl

元スペイン代表でバルセロナの象徴であったシャビ・エルナンデスのバルセロナ退団が決定しました。リーグ最終節後に行われたセレモニーで涙を流していたシーンは多くのサッカーファンの胸を打ったのではないでしょうか。

そんな彼も来シーズンからはカタールのアル・サッドに移籍することが決まっています(最近にわかにパリ・サンジェルマンへレンタル移籍するのではないか?という噂も出ていますが、、、)。

近年ヨーロッパのトップリーグで活躍してきたベテラン選手たちの多くがキャリアの最後にカタールへ活躍の場を求める傾向が強くなっています。シャビの移籍先であるアル・サッドでの活躍を願いながら、これまでカタールに移籍した選手達の移籍先での活躍を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

マルセル・デサイー

98年W杯、2000年ヨーロッパ選手権を制したフランス代表でキャプテンを務めていたディディエ・デシャン(現フランス代表監督)からレ・ブルー(フランス代表の愛称)のキャプテンマークを引き継いだ彼もキャリアの最後はカタールで過ごしました。

フランスのFCナントでキャリアをスタートさせ、マルセイユ→ACミラン→チェルシーと各国の名門で活躍した後にカタールのアル・ガルファに移籍。当時の彼の年齢は36歳でしたが、移籍初年度からキャプテンを務め、CBながら6得点と高い得点能力を発揮し、チームを優勝に導きました。

ガブリエル・バティストゥータ

「バティゴール」の愛称で親しまれた彼も、現役の最後にカタールのアル・アラビへ移籍し、選手人生を終えました。イタリアのフィオレンティーナ、ローマ、インテルでキャリアを重ねた後、35歳になってからの移籍でしたが、移籍初年度で25得点を記録し、当時のカタールリーグ得点王の新記録を樹立しました。

ラウル・ゴンザレス

「スペインの至宝」と言われた彼も、16年間在籍したレアル・マドリードを離れ、ドイツのシャルケ04での2シーズンのプレーを経由し、カタールのアル・サッドに移籍し、2シーズンをカタールで過ごしました。カタールへの移籍は35歳の時でしたが、移籍初年度から9得点を記録し、その年のチームの優勝に大きく貢献しました。

また、アル・サッドでのシーズン2年目となる2013年にはレアル・マドリードの本拠地サンチャゴ・ベルナベウに凱旋し、前半はレアル・マドリードの選手として、後半はアル・サッドの選手としてプレーし、サッカー新興国の発展の一助としての役割も担いました。

多くの選手がフットボーラーとしてのピークを超えた30代後半になってからの挑戦ですが、それぞれが「さすが」と言わしめる結果を残しています。特にラウルが行ったような、サッカー選手としてだけではなく、文化人としてサッカーを新興国に根付かせるような活動は、記録には残りづらいものの、カタールの多くのサッカーファンの記憶に残る素晴らしい活動となっています。彼ら先人たちのようにシャビもまたスペインを離れ、中東の地でトッププレーヤー足る最高のパフォーマンスを見せてもらいたいですね。

関連記事:スポンサーはアゼルバイジャン(国家)。リーガ・エスパニョーラの胸スポンサー事情

 

版権: sportgraphic / 123RF 写真素材

スポンサーリンク





3 Comments

  1. CLファイナル直前!歴史上最も印象深いCL決勝3選 | FCクロコダイル
    2015年6月6日 at 12:44 AM 返信

    […] シャビ、バルサ退団決定! 欧州トップリーグからカタールへ移籍した名選手たち […]

    • Vicki
      2016年11月14日 at 6:23 PM 返信

      osman yurdusev diyor ki: 30 Kasım 2009, 16rÄnba9d3±:ma susurluk yolunda satılık 2500m2 anayola 0 arazi fiiarı 150 milyar.biga kum kmette denzie 0 8 villa arsaaı 350m2 her arsa birein fiatı 30 .000tl.

  2. シャビやジェラード級!1チームに15年以上在籍する現役サッカー選手 | FCクロコダイル
    2015年6月11日 at 9:32 AM 返信

    […] シャビ、バルサ退団決定! 欧州トップリーグからカタールへ移籍した名選手たち […]