• 2017年 11月 25日

CLベスト4対戦相手が決定!今年はプレミア勢皆無

(AD)                 

37714187_l

バルセロナはパリ・サンジェルマンをバイエルン・ミュンヘンはポルトをレアル・マドリードはアトレティコ・マドリードをユベントスはモナコを撃破しCLベスト4が決定しました。そして抽選の結果CLベスト4の対戦相手が決定し、バルセロナVSバイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリードVSユベントスとなりました。ファーストレグ、セカンドレグと2戦合計での戦いとなりますが、どこが決勝まで勝ち上がるのか見物です。やはり今回の話題はバイエルン・ミュンヘンの指揮官であるグアルディオラ監督が古巣バルセロナとの対戦です。グアルディオラはメディアへのコメントで「感情的な試合になる」と話していましたので特別な対戦であることは間違いありません。

スポンサーリンク

プレミアリーグ勢の敗退。優勝はドイツ勢かスペイン勢、イタリア勢

今年の特徴としてはイングランドプレミアリーグ勢が早々と敗退したことです。ベスト16ではチェルシー、マンチェスターC、アーセナルが残りましたが抽選でのくじ運も悪かったせいか、3チームとも次のラウンドに進めず、苦汁を舐めました。

その結果、ベスト8ではモナコ、ポルトといったビッククラブではないチームが勝ち上がりました。03-04のCL決勝でモナコとポルトが勝ち上がりポルトが優勝しましたが、その時のような下剋上的な形のCLになるのではないかとも予想しましたが、ある意味ビッククラブではない対戦だと盛り上がりに欠けるので何とも言えません。

グアルディオラVSバルセロナ

バイエルン・ミュンヘンはバルセロナとの対戦となりましたが、バイエルン・ミュンヘンの指揮官グアルディオラの古巣がバルセロナであることはあまりにも有名です。お互いに手の内を知り尽くしているという点ではやりにくいでしょうが、個人的にはバルセロナの方が有利かと思います。

現在、「MSN」と呼ばれるメッシ、スアレス、ネイマールの強力3トップが驚異の決定力でチームを牽引しています。個の能力も世界でトップクラスの彼らですが試合をこなすごとに連携も高まっています。簡単には止めることができないでしょう。

一方のバイエルン・ミュンヘンですが、不安要素があります。それは両翼のエース、オランダ代表ロッペン、フランス代表リベリーが怪我の影響で万全ではないからです。出場するかはわかりませんが、たとえ出場しても100%のパフォーマンスを出せるかはわかりません。このような理由からバルセロナ有利と踏んでいます。

レアル・マドリードVSユベントスは?

昨季の王者レアル・マドリードはイタリア王者ユベントスとの対戦となりました。もちろん世界最高と言われるクリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマの強力3トップがいるのでレアル・マドリードが有利と言えます。サブにもベスト8セカンドレグでチームを窮地から救ったエルナンデスもいますし、モドリッチ、イスコ、クロースと強力なトライアングルを形成していますので死角無しと言った感じでしょうか。

しかし、ユベントスも絶対的エース、アルゼンチン代表テベスがいますし、中盤のキーマンであるフランス代表ポグバの調子が良ければひょっとするとひょっとするかもしれません。イタリアの伝統「カテナチオ」を駆使し、レアル・マドリードの攻撃をしのぎきり、カウンターから点を取るような戦法を仕掛けるなどチームとしての方針が固まっていれば勝つ可能性があると思います。

どこが勝つかわかりませんが、決勝はバルセロナVSレアル・マドリード、バルセロナVSユベントス、レアル・マドリードVSバイエルン・ミュンヘン、バイエルン・ミュンヘンVSユベントスのいずれかになりますが、皆さんはどの決勝が見たいですが?

関連記事:戦術の最新トレンドを理解しよう!サッカー欧州CL新戦術2015年版レビュー 「ユニット」!コンビ、トリオ、カルテットで見る欧州サッカー!
版権: / 123RF 写真素材

スポンサーリンク





One Comment

  1. スポンサーはアゼルバイジャン(国家)。リーガ・エスパニョーラの胸スポンサー事情 | FCクロコダイル
    2015年4月30日 at 8:30 AM 返信

    […] CLベスト4対戦相手が決定!今年はプレミア勢皆無 […]