• 2017年 5月 28日

昨年の決勝戦の両雄が早くも激突!チャンピオンズリーグ ベスト8考察

(AD)                 

チャンピオンズリーグベスト8の対戦

チャンピオンズリーグベスト8の組み合わせが決まりました。PSG対バルセロナ、アトレティコマドリードVSレアルマドリード、ポルトVSバイエルンミュンヘンの組み合わせになりました。ベスト16でも様々なドラマが生まれましたが、ベスト8はどのような展開になるのでしょうか。

それぞれの試合の注目ポイントと選手を中心に、ベスト8の見どころを考えたいと思います。今シーズンビッグイヤーを獲得するのはどのチームなのか、チャンピオンズリーグから目が離せません。

スポンサーリンク

マドリードダービー

ベスト8で昨シーズンの決勝の顔合わせが実現しました。この対戦で注目したいのは、アトレティコの完成されたレアル対策に対して、レアルがどのように挑んでいくのかという点です。今シーズンのレアルはアトレティコと6回対戦して4勝2敗と苦手にしています。特にホームアンドアウェーの戦いということを考えると、レアルが勝ち抜くためには、アトレティコという苦手を克服する必要があります。しかもアトレティコは昨シーズンのリベンジとばかりに、モチベーション十分に挑んでくるはずです。

もしレアルマドリードがもしここで敗れるようなことがあれば、アンチェロッティはシーズン終了後に首になってもおかしくありません。先日「まさかのアンチェロッティ解任論。レアルは危機に陥っているのか」という記事でも触れましたが、アンチェロッティは今のレアルには最適と言える監督だけに、ここで交代してしまうのは非常にもったいないことです。アンチェロッティの来季のためにも、何とかレアルには踏ん張ってほしいところです。

注目のプレイヤーはペペとセルヒオ=ラモスです。アトレティコのディフェンスラインは非常に強固です。おそらくレアルとの対戦になれば、いつもよりも2ラインを狭くして、非常にかたいディフェンスを構築してくるでしょう。それを攻略するためレアルは、最終ラインの前をプロテクトするべきボランチも攻撃に力を注ぐ必要があります。そこにアトレティコのカウンターが来た場合、少ない人数で守り切らなければいけません。両サイドバックも攻撃に参加することを考えると、ペペとセルヒオ=ラモスがどれだけ相手のカウンターを止めることができるかがポイントになります。

どちらの勝ち抜けが濃厚化と言えば、アトレティコでしょう。それほどシメオネ率いるアトレティコのレアル対策はほぼ完ぺきと言えます。それにアンチェロッティが穴を穿つことができるのかが、試合の最大の見どころになります。

PSGはエリートチームになれるのか

ベスト16でサプライズを演じた2チームの戦いですPSGはチェルシー優位と思われた2ndラウンドで劇的な勝利を成し遂げました。バルセロナはマンチェスターシティとの戦いで想像以上の圧勝をする力を見せたという意味で、サプライズと言えるのではないでしょうか。

このラウンドの見どころは何といってもPSGがどんな戦いを見せるのかです。現在のバルサは充実しており、かつてのベップの時のような戦い方ではありませんが、3トップを中心にした攻撃で抜群の破壊力を発揮しています。そういった欧州のトップ3に数えられるようなチームにたいして、PSGがどこまでやれるのかが注目です。

PSGとバルセロナの戦力は単純な選手のネームバリューで考えるとバルセロナがやや上回っていますが、センターバックの質などを考えると、それが決定的な差にはならないはずです。しかし、自分たちの戦い方を確立しているバルサに対して、PSGはまだチームとしてのアイデンティティを確立するには至っていません。PSGがバルセロナに勝利、ないしは互角以上の戦いを見せることがあれば、PSGはマンチェスターシティより一足先にヨーロッパのエリートチームの仲間入りをするかもしれません。

注目選手は何といってもイブラヒモビッチでしょう。チェルシーとの2ndレグで退場処分を受けたため、イブラヒモビッチは1stレグに出場できません。しかしグループリーグでは、イブラヒモビッチが居ない試合の方がバルセロナとの対戦で好成績でした。イブラヒモビッチがどのように活躍するのか、またイブラヒモビッチが居ないチームがどのように機能するのか、興味は尽きません。

波乱は起こるのか?その他の組み合わせ

残りの2試合は注目度でいうと、その他のカテゴリと言わざるを得ません。普通に考えればバイエルンがポルトを、ユベントスがモナコを打ち破って先のラウンドに進むはずです。

そういう意味ではユベントスが手堅くベスト4に進めるのかどうかが注目でしょう。正直組み合わせに恵まれている感は否めませんが、それでもベスト4となれば近年のイタリアのチームでは偉業と言える成績です。今シーズンから就任したアレグッリ監督にとっては、自身の地盤を固める意味でも非常に重要な勝利となるはずです。

ユベントスは籤運に恵まれたと言えますが、それはモナコにとっても同じです。ポルトを除けば最もくみしやすい相手と言えるでしょう。ある意味モナコはベスト4への希望を、非常に難しいですが、つないだと言えるかもしれません。

バイエルン対ポルトの注目の選手はポルトのジャクソン=マルチネスでしょう。このコロンビア代表は非常に優れた決定力を発揮しています。ポルトがバイエルンに一矢報いるとすれば、このマルチネスのプレイがきっかけになるのではないでしょうか。

ユベントス対モナコの注目選手は何といってもテベスです。ドルトムントとの試合でも決定的な違いとなったのはテベスのプレイでした。ユベントスを引っ張るこのアルゼンチン人ストライカーが欧州の舞台でどれだけ輝くのか、注目です。

関連記事

版権: / 123RF 写真素材

スポンサーリンク





2 Comments

  1. 世界屈指の「FW大国」アルゼンチン | FCクロコダイル
    2015年4月16日 at 7:00 AM 返信

    […] 昨年の決勝戦の両雄が早くも激突!チャンピオンズリーグ ベスト8考察 […]

  2. 昨年の決勝戦の両雄が早くも激突!チャンピオンズリーグ ベスト8考察 | FCクロコダイル | 今速☆ニュース!
    2015年10月3日 at 10:56 PM 返信

    […] シティより一足先にヨーロッパのエリートチームの仲間入りをするかもしれません。 [引用元] 昨年の決勝戦の両雄が早くも激突!チャンピオンズリーグ ベスト8考察 | FCクロコダイル […]