• 2017年 4月 25日

レアルマドリードの若き天才イスコ

(AD)                 

35831763_m

レアルマドリードの若き俊英、イスコ(フランシスコ・ロマン・アラルコン・スアレス)が活躍を見せています。現地では大きく取り上げられ、次にレアルマドリードとスペインを引っ張っていくのはイスコだという論調まで出ています。移籍初年度の昨年は、同じく新加入のベイルの影に隠れるような形で、それほど大きくは取り上げられなかったイスコですが、ここにきて頭角を現してきました。

レアル・マドリードの公式サイトでも、アンチェロッティが監督就任後の105試合のうち、94試合に出場し最も起用された選手であることも好評されています。今回はそんなイスコのプレイを分析するとともに、イスコのチームの中での役割や今後の活躍について検証します。

スポンサーリンク

イスコのプレイスタイル

イスコのプレイスタイルを支えるのは、その特筆すべきボールコントロールです。様々な美しくも決定的なプレイは、ボールコントロールによって自分がプレイしやすい位置にボールを置いているからこそ、実現できているのです。

イスコのプレイで最も印象的なのは、ボールを失わないドリブルと、ドリブルで突破してからのシュートやパスです。イスコのドリブルの大きな特徴はボールがあまり足元から離れないことです。大きく蹴りだしてスピードで突破するのではなく、足元からボールを放さないことで、相手にボールを奪う隙を与えないスタイルです。それゆえにスペースが大きくないところでもドリブルを仕掛けることができます。

ボールを足元に置いて仕掛けることで、相手守備陣を動かすことで、シュートコースやパスコース、味方が走り込むスペースを生みだします。そこにシュートやパスを送り込むことで、決定的なチャンスを生みだしています。

そのシュートやパスの精度を支えているのが、ボールコントロールの能力に支えられたルックアップの良さです。一度ボールに触れば思った位置にボールを動かせるイスコは、ボールを持った状態でも広い視野を維持しています。そこにさらに正確なキックが加わることで、シュートチャンスを演出するパスや、ペナルティエリア近辺からの正確なシュートに繋がっているのです。

イスコのブレイクの理由

イスコがブレイクしたのには3つの理由があります。最も大きな要因はハメスロドリゲスとモドリッチの怪我によって、安定してプレイタイムを得ることができた点です。イスコのように仕掛けるタイプのプレイヤーは、ミスの発生も前提です。長い時間プレイすることで、何度も仕掛け、いくつかの決定機を演出する事が出来ればチームに大きく貢献することが可能です。

もう1つの理由は、チーム自体が好調な時間にプレイすることができた点です。シーズン中にチームは22連勝を記録しました。イスコはその連勝に大きく貢献しました。連勝中のレアルは攻撃がかみ合っており、両サイドバックまでがよどみなく攻撃に参加していました。対戦相手はイスコに的を絞ることができず、イスコに仕掛ける隙を与えてしまうことになりました。

最後の一つはイスコが守備での貢献が出来るようになった事です。十分とは言えませんが、ボールを奪い返すための守備の役割に加わることができるようになった事で、出場機会が増えたため、前述の理由の通りの活躍に繋がったと言えます。

これからのイスコがレアルで際立つには

今後のイスコが無条件でレアルの中心選手になれるような取り上げられ方もありますが、実際には厳しいポジション争いが待っているはずです。アンチェロッティ監督はチーム全員が揃った時のファーストチョイスはハメス=ロドリゲスであると公言しています。ハメスはレアル会長が今季獲得した目玉選手であるためと揶揄する記事もありますが、実際に今のレアルマドリードにより適しているのはハメスでしょう。

ハメスにあってイスコにないのは、ボールを受けてすぐに出すピンポイントのパスです。イスコはボールを持って仕掛ける中で個性を発揮するタイプですが、レアルマドリードというチームではボールを持ちがるタイプの選手が多く存在します。どんな時でも仕掛けることを許されるのはクリスチアーノ=ロナウドぐらいでしょう。そのロナウドにしても、最近は球離れが良くなっています。イスコは別に球離れが悪いタイプではありませんが、輝きを見せるのはやはり仕掛ける時です。そう考えると、ハメスの方がよりレアルというチームにフィットしていると言えます。

イスコがよりチームの中で輝くためにはボールに触れる回数が少ない中で、どれだけ自分の個性を出せるかということがポイントになります。そのためには、ワンタッチでボールを動かすようなプレイを身に着けることが必要でしょう。ドリブルで仕掛けるよりも、ペナルティエリアの外から決定的なパスを出せるようになるかどうかでイスコの選手としての活躍の幅は決まるように思います。

関連記事

版権: / 123RF 写真素材

スポンサーリンク