• 2017年 10月 18日

田中順也、レフティーモンスターの覚醒〜奇特な違約金はどこ吹く風〜

(AD)                 

リーグ戦初スタメンのS・リスボン田中順也が決勝ゴール!今季リーグ3点目   YouTube

大学在学中から柏レイソルで5年間過ごしたバックグラウンドを背に、はるばるポルトガルに渡った日本人選手がいます。

プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)というリーグ名はなかなか日本では聞く機会ありません。

TJの愛称でひたしまれた27歳の田中順也は、2014年6月29日に柏レイソルからプリメイラ・リーガのスポルディング・リスボンに年齢からは比較的長期と思われる5年の契約を交わしました。

スポンサーリンク

 プリメイラ・リーガのトレス・グランデス

近年ヨーロッパの中で評価を上げてきたプリメイラ・リーガは2012年にUEFA5大リーグとされてきたフランスのリーグ・アンを追い抜いて5位(2015年現在)にランクインしている強豪リーグと言っても過言ではないでしょう。

リーグの歴史上、「トレス・グランデス(三強)」という言葉があり、田中順也が移籍したスポルディング・リスボン、かつて東京ヴェルディ1969に在籍し現ブラジル代表のフッキがキャリアを過ごしたFCポルト、そしてアルゼンチン代表とし活躍したパブロ・アイマールがいたSLベンフィカと、UEFAチャンピオンズ・リーグでは聞きなれたクラブチームが今現在もリーグのパワーバランスを保っています。

 実はこんなに凄いスポルディング・リスボン

フットボールカルチャーが昔から根強く地を張るポルトガル。そんな中でもスポルディング・リスボンは数々の名選手が所属し、そして育成輩出してきました。

その中でも最も有名なのがクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリード)。その他ポルトガル史上最高のドリブラーと呼び声が高いルイス・フィーゴ。過去に在籍していた選手ではフランク・ライカールトなどが有名です。

現在所属の選手では、香川真司(現ボルシア・ドルトムント)とマンチェスター・ユナイデットで共にプレーし、ローン移籍中のナニ(現ポルトガル代表)が在籍しています。

注目を浴びた田中順也の高額な違約金設定

スポルディング・リスボンという強豪クラブに移籍した田中順也が世界的に注目を浴びた理由がその違約金設定です。当時日本代表でもメンバー選考の当落線上をさまよう田中順也にスポルディング・リスボンは6000万ユーロ(約83億円)という、立場上ありえない高額な違約金を設定しました。この違約金設定には地元のサッカーファンやメディアにも疑問の声が上がります。

そもそも違約金を設定する理由には大きく2つの意味があります。

  1. 選手を確実な戦力として考え、その後の活躍によって他クラブへの移籍を処しするための高額な違約金設定。
  2. 上記を踏まえ、選手が欲しいならビジネスとして違約金を支払い移籍を行うことができる。

田中順也がどのような理由で高額な違約金が設定されたのかは定かではありません。違約金が高額な為、活躍が出来なければ試合に出れずクラブで契約期間囲われるケースや、他クラブへの完全移籍が困難になり、結果ローンでの移籍でクラブを転々とする選手も少なくありません。

 レフティーモンスターの覚醒

当の田中順也はそんな外野の声はどこ吹く風です。移籍して間もなくのプレシーズン、続く試合で田中はゴール量産しました。地元メディアやファンもその活躍に、単なる「話題作りの選手」ではないと注目します。

チームは4-3-3のシステムで、トップとウィングが適正ポジションの田中順也はチーム内での競争も熾烈で、現状チームでのファーストストライカーはアルジェリア代表のイスラム・スリマニ。ポジション争いではナニやエースのフレディ・モンテーロと、付け入る隙がありません。

しかしプレシーズンマッチで活躍を見せた田中順也はプレシーズン後に開幕された迎えた第2節、ホームで迎えたアウロカ戦で後半32分ナニと代わってピッチに入ると、決勝点に絡む動きでチームに勝利をもたらします。

国王杯(カップ戦)で3アシスト、ウインターブレーク明けの第16節

後半33分から途中出場するとアディショナルタイムに決勝点となる直接FKを日本時代を彷彿とさせる、レフティーモンスターという通称にふさわしいシュートをゴールネットに突き刺しました。

アフリカジェネレーションズカップで不在のスリマニの代役で、その後も出る試合ごとに結果を出し続け、リーグ戦10試合目となるジル・ヴィセンテ戦でリーグ戦初の先発出場のチャンスを掴むと、勝利につながる先制点をCKから流れ玉を膝で流し込むゴールを決めました。田中順也はチームでスーパーサブという立場をベースに、当初誰も予想しなかった、先発でのストライカーとして活躍できるということを証明しました。

 サムライよ、どこまで続く

好調をキープし、チーム内でのポジションを確立した田中順也は5年契約を全うする頃には32歳と、サッカー界では決して若くなく、その年齢で活躍できる選手は世界でも一握りです。プリメイラ・リーガのトレス・グランデスでは、近年特にイングランドプレミアリーグやロシアの豊富な資金を擁するクラブと良好な関係があります。田中順也のキャリアはポルトガルの地で輝き続けるのか、それともさらなるキャリアアップを果たすのか。今後のレフティーモンスターの活躍が期待されます。

驚くほどしなやかで豪華に振り抜くその左足は、どの地でもファンの心を掴み、スタジアムでは田中順也のチャントが響き渡り続けることでしょう。

関連記事:

クリスティアーノ・ロナウドにみる選手の進化 クリスチアーノ=ロナウド絶好調の理由と3つの変化

関連動画、アイキャッチ画像:YouTubeより

スポンサーリンク





2 Comments

  1. Kaylee
    2016年11月14日 at 10:18 PM 返信

    Stay with this guys, you’re heipnlg a lot of people.

  2. http://www./
    2016年12月30日 at 7:22 PM 返信

    oh changed of routes… hmm anyway the thing you are looking for is the finish line! hope the markers and marshalls are great.takbo.ph banner? hehehe ill just take a look at you guys if i saw that hehehe you could identify me wearing a bezel casio edifice hehehe (i guess im the only one doing that)just to know my time when running .Wanted to get a GF310XT damn expensive at navco