• 2017年 10月 18日

フォーメーションの種類(4-4-2編)

(AD)                 

26408178_m

こんにちは!FCクロコダイルです!今回は「フォーメーション」について紹介したいと思います。

実況の方が「今日の日本代表のフォーメーションは4-4-2です。」とか「3-6-1です。」とか初心者の方は一体何の数字なの?と思っている人もいると思います。昔のサッカーは2バックや4トップのような超攻撃的なフォーメーションが採用されていたようですが現代サッカーはバランスを重視し、守備に重きを置くフォーメーションも多くなっています。そのチーム、監督の理念により複雑化している物もありますが、基本的なフォーメーションは決まっています。流行や現代サッカーの現状を考慮しフォーメーションを解説します。

スポンサーリンク

DF-MF-FWの順に人数をカウント

まず数字の話ですが、フォーメーションを表す上で何の数字を表記しているかというと、それは「ポジションごとの人数です。」ただし、GK(ゴールキーパー)は含みません。サッカーではポジションごとにある程度の役割が決まっています。DF(ディフェンダー、守備的なポジション)、MF(ミッドフィルダー、中盤と呼ばれ、攻守ともに仕事をするポジション)、FW(フォワード、攻撃的なポジション)となっています。一般的には4-4-2、3-5-2、4-5-1、3-6-1、3-4-3、5-3-2などが主流です。ディフェンダーの数は概ね3人~5人、中盤は3人~6人、フォワードは1人~3人が一般的になっています。GKを除くトータル10人をそれぞれ配置し、選手の特徴や、チームの守備の仕方によって異なります。もちろん試合中にもフォーメーションを変更することによって試合の流れが劇的に変わることもあります。同じフォーメーションでもディフェンスの配置の形、中盤の配置の形、フォワードの配置の形が変わるところも非常に面白い点でもあります。

フォーメーション紹介(4-4-2編)

各フォーメーションに長所、短所があり、相手チームのフォーメーションとの相性もあります。今回は私のお薦め4-4-2について分析しましょう。先ほども述べたように人数の構成は守備的なポジションのディフェンダーが4人、ミッドフィルダーいわゆる中盤が4人、攻撃的なポジションのフォワードが2人です。

ディフェンダーに関してはセンターバックとサイドバックに分けられます。サイドバックは攻撃参加するのでそういった意味では攻撃的な布陣と言えるでしょう。日本代表でいうと長友佑都と内田篤人のポジションです。ディフェンダーが4人ですと3人より守備的な印象を受けるかもしれませんが、オーバーラップ(攻撃参加)をサイドバックが頻繁に繰り返しますから、3バックより運動量が多くかなり攻撃的です。もちろん右サイドバックが上がった時は、左サイドバックが下がっていて、左サイドバックが上がった時は右サイドバックが下がるというような決まり事はチームによってあります。

中盤の形が様々な4-4-2

4-4-2の場合、中盤の形に種類があります。中盤の形によって各ポジションの選手の特性も変わってくるのです。

1、ダイアモンド型

フォーメーション1

ダイアモンド型は「トップ下」という花形ポジションがあります。チームの司令塔、さらには得点も取れる「王様」的な選手がいる場合はこの「トップ下」、「オフェンシブハーフ」を据えれば良いということです。世界的に見ると、フランスのジネディーヌ・ジダン、ポルトガルのルイ・コスタ、オランダのスナイデルなどがこのポジションです。いわゆるエースナンバー「10」のポジションと言っても過言ではないでしょう。左右、前後にバランス良く人が配置されているフォーメーションです。サイドハーフとサイドバックのコンビプレーでより攻撃の幅が広がります。

 2、フラット型

フォーメーション2

フラット型は中盤の真ん中の2人を「トップ下」、「ボランチ」と分けないポジションを取ります。選手のプレースタイル的に攻撃も守備も両方できるバランスの良い選手を配置したい時はこちらの方が良いでしょう。ダイアモンド型では「トップ下」の選手がどうしても攻撃への比重が多くなるので、選手の特性を考えてフラットにする場合もあります。

3、ボックス型

フォーメーション3

ボックス型に関してはサイドハーフがいないのでサイドバックがオーバーラップしやすいという特徴があります。サイドバックにものすごい攻撃力のある選手がいる場合は適している形だと思います。中盤のポジショニングの位置が近いのでポジションチェンジを頻繁に行えるなどのメリットもあります。

他にも中盤の形で「スリーボランチ型」や「スリーシャドー型」などダイアモンド型に近い物があります。このように4-4-2のフォーメーションでも様々な形があり、監督、コーチ、選手は自分たちにあったフォーメーションを日々探しているのです。

版権: tomwang / 123RF 写真素材©[tomwang]/123RF.COM

スポンサーリンク